下田紗弥加 ドリフト女子が美人すぎる!経歴や年齢に弟はゲーマーで愛車は?

スポンサーリンク
下田紗弥加(しもだ・さやか) スポーツ

下田紗弥加(しもだ・さやか)さんは日本人女子で初めてドリフト世界一になった人方です。

普通の真面目な会社員だったのに偶然見かけた車のドリフトに夢中になってしまい、日本人女子で初めてドリフト世界一になった人です。

下田紗弥加さんは168㎝の長身と可憐なルックスから「ドリフト界のアイドル」と称されている。

その実力は折り紙つきで空色の愛車『シルビアS15』を駆り、北京で行われた2019年のレディース世界大会で優勝。

現在は男性ドライバーに交じって転戦し、競技のトップカテゴリーである「D1GP」への昇格を射程圏に捉えている。

競技歴5年になる下田だが、当初は運転下手のド素人だったそうです。

そんな下田紗弥加さんのドリフト女子が美人すぎる!経歴や年齢に弟はゲーマーで愛車は?など調べて見ました。

 

下田紗弥加(しもだ・さやか)

スポンサーリンク

下田紗弥加(しもだ・さやか)さんの経歴

職業:ドリフトドライバー

誕生日:XXXX年4月19日生まれ(西暦は非公開)

出身地:千葉県

身長:168cm

血液型:A型

出身高校:非公開

兄弟:弟(ゲーマー)

Youtube:

Drifting Sayaka 下田紗弥加のくるくるTUBE
千葉生まれの好奇心旺盛で活発な一般家庭の普通の女子。 学生時代はバレーボールに打ち込み、インターハイや全国大会に出場、 プロリーグを目指していたが、怪我に悩まされドクターストップでバレーボールの道を諦める。 夢破れ腑抜けになっていた時に観たD1GPに魅了され、ドリフトに全てをかけようと決心。 働きながら貯金をし、練習...

Instagram:https://www.instagram.com/sayaka419/

Twitter:@sayaka_krkr

 

下田紗弥加さんは小さい頃から水泳や陸上などスポーツが好きで、

中学からはバレーボールを本格的に始め、高校でも続けてインターハイや全国大会にも出場した実績がある、

プロを目指していたが、ケガに悩まされてその道は断念しました。

自分の好きなことは何かと真剣に考えた時、頭に浮かんだのがやはりモータースポーツでした、

しかし、モータースポーツは一般に「お金持ちのスポーツ」と言われており、かなり参入ハードルの高い、

普通にサーキットに1回練習しに行くだけでも、10万円くらいは必要になりますね。

移動費のほか、ガソリンは大体満タン2回分くらい消費するので、2~3万円はかかると思います。

さらに大変なのがタイヤで、1セット10分くらいで終わっちゃうので、安いものを使うにしても3セットで5~6万円くらい……。

あとはサーキットの使用料として、1日1.5万円くらいが相場ですかね。

下田紗弥加さんは自分で働いてお金を稼ごうと決意しました、それから数年間は車を持たずに電車で通勤し、仕事をいくつか掛け持ちしてひたすら働き貯金。

始める時にあらかじめ、「貯めたお金は2年くらいでなくなるだろうから、それまでに結果が出なければ諦める」と決めていた。

・貯めたお金で念願だったマツダRX-7を購入

・運転免許もオートマチック限定を解除し、マニュアル(MT)車の免許を取得

・『車楽人アソシエーション』のドライビングスクールに参加

そして2019年に中国・北京で開催されたインターナショナルドリフトレディース大会で念願の世界チャンピオンになった。

現在ドリフト世界最高峰のD1GP、FormuraD USA参戦を目指されている。

マシンの維持費用が莫大なため、下田紗弥加さんは
10社を超えるスポンサーが支えている。

下田紗弥加さんの愛車は製作に約2000万円。

レースで不具合が起きると、修理で100万円かかることもある。

 

下田紗弥加さんの愛車は?

下田紗弥加さんの愛車は、「マツダ・RX-7(FD3S型)」です。

MAZDA RX7 FD3S 廃車寸前から感動の復活!サヤカのレストア大作戦!

2022年02月28日

遂に完成!帰ってきた下田選手のシルエイティ
下田紗弥加 選手の愛車 シルエイティ が
パワーアップして帰ってまいりました🥳✨

また美しくかつ豪快な #ドリフト を見れるのを楽しみにしております😍

下田選手のYoutubeでも公開されているのでチェックしてみて下さい👍

タイトルとURLをコピーしました