鶴岡秀明 園芸家は鶴仙園の三代目で年齢やサーフショップは?西武池袋店と駒込本店の場所や通販は?

スポンサーリンク
鶴岡 秀明(つるおか・ひであき)店主 お得情報

鶴岡 秀明(つるおか・ひであき)店主は、創業昭和5年からスタートした鶴仙園(かくせんえん),

現在は園芸家で鶴岡 秀明店主が3代目として、サボテン・多肉植物の専門店を引き継いでいる。

鶴岡秀明店主はサボテンや多肉植物は、言葉は喋らないけれどしっかりと生きているので、

『家族と同じように、お日様にしっかり当てて大切に育ててほしい』と、

様々な種類のサボテン・多肉植物を通じて自然と密接に関わることの面白さや奥深さを伝えながら販売されている。

そんな鶴岡 秀明(つるおか・ひであき)店主の年齢やサーフショップは?西武池袋店と駒込本店の場所や通販は?など調べて見ました。

 

 鶴岡 秀明(つるおか・ひであき)店主

スポンサーリンク

鶴岡 秀明(つるおか・ひであき)店主の経歴

職業:鶴仙園(かくせんえん)3代目店主

誕生:1972年生まれ

出身地:東京都

最終学歴:大学出身(法律を学ぶ)

趣味:サーフイン(サーファー歴35年)

 

鶴岡 秀明店主は1972年に東京都生まれで、昭和5年創業の多肉植物・サボテンの老舗、鶴仙園の三代目
です。

初代店主「鶴岡 銀之助氏」は東京下町の紙問屋に生まれ、縁日で購入した一つのサボテンをきっかけにその道にどっぷりと浸かり、

家業は継がず昭和5年にサボテンの輸入球を主とした専門業者として卸小売を中心に鶴仙園を創業されました。

二代目現店主 「鶴岡 貞男氏」は輸入球を中心としたサボテン他、国内実生の栽培から花サボテン、多肉植物まで多品種の品揃、

昭和52年には池袋西武の出店されている。

三代目店主「鶴岡 秀明氏」の最終学歴は大学のようですが、平成5年から本格的に家業に参画されている。

最終学歴は大学のようですが非公開となっております、
友達のインスタグラムがありました。

大学時代は法律を学び、波乗りで遊び、レゲエを聴きながら車イジリをされていたようです。

その一方で、趣味が高じてサーフショップをオープンしているのです。

 

サーフショップ・SABO10は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

surf&sk8 SABO10(@sabo10_official)がシェアした投稿

サボテン屋「鶴仙園」入り口『Surf&Sk8 SABO10』
東京の豊島区にある仙人掌屋が経営するサーフショップ
サーフィン歴は35年になる。

インスタグラム:

surf&sk8 SABO10 (@sabo10_official) • Instagram photos and videos

 

鶴仙園(かくせんえん)駒込本店 (休業中)の場所は?

​※駒込本店は(休業中)

東京・駒込の住宅街の店舗で、屋上の温室にはサボテンの強刺類から有星類、牡丹類、多肉植物ではパキポディウム、アデニューム、アガベなど各種優良品を取り揃えている。

住所:東京都豊島区駒込6-1-21

TEL03-3917-1274

営業時間

午前10時~午後5時まで (冬季午後4時まで)

※『Surf&Sk8 SABO10』は店長本店勤務時のみOPENとなります。

毎週火曜定休 ※年末年始、仕入時は臨時休業あり

※『Surf&Sk8 SABO10』は店長本店勤務時のみOPENとなります。

アクセス

R山手線、東京メトロ南北線「駒込駅」から徒歩5〜6分

JR山手線、都営地下鉄三田線「巣鴨駅」から徒歩7〜8分

お車の方は

国道17号で巣鴨へ首都高速「護国寺IC」「板橋IC」から道がすいていれば各15分

鶴仙園(かくせんえん)西武池袋店の場所は?

鶴仙園 西武店は、国内で随一の商品数を誇り、多品種の商品を目にすることができます。

陶器鉢、オリジナルの園芸鋏から関連園芸用品(黒いプラ鉢、肥料、殺虫剤、殺菌剤など)なども取扱いがあります。

住所:東京都豊島区南池袋1-28-1

西武池袋本店 9階屋上 グリーンショップ 鶴仙園

​電話番号:03-5949-2958(直通)

営業時間:午前10時~午後8時まで

定休日:年中無休(悪天候を除く)

アクセス

池袋駅直結

鶴仙園(かくせんえん)西武池袋店オンラインショップはこちら!

HP:https://kakusenen.thebase.in/

楽天市場から購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました