ティファニー・ゴドイはVOGUE JAPAN編集長で経歴に年齢?冨永愛の息子・冨永章胤もデビュー!

スポンサーリンク
ティファニー・ゴドイ(Tiffany Godoy)さん 気になる情報

ティファニー・ゴドイ(Tiffany Godoy)さんは「VOGUE JAPAN(ヴォーグ・ジャパン)」編集長です。

「VOGUE JAPAN(ヴォーグ・ジャパン)」は渡辺三津子編集長が2008年から編集長をされていたが、2021年末に退任されて、

後任にティファニー・ゴドイさんが編集長になりました。

退任は人事異動ではなく渡辺編集長本人の決断によるもので、「(デジタルトランスフォーメーションなどについて)

本人として『やりきった』という達成感があるとともに、今後のグローバル改革は後人に任せたいという思いがあっての退任だった。

ティファニー・ゴドイ編集長は、日本でファッション編集者として働き始めたのは25年前で、

最先端のアイテムが集まる『VOGUE』では、日々新作をチェックするためにブランドの展示会を飛び回る。

真摯に洋服に向き合うその姿は、秋元梢さんや、冨永愛さんなど、日本のトップモデルたちも称賛する。

そんなティファニー・ゴドイ編集長の経歴に年齢?冨永愛の息子・冨永章胤もデビュー!など調べて見ました。

ティファニー・ゴドイ(Tiffany Godoy)さん

スポンサーリンク

ティファニー・ゴドイ(Tiffany Godoy)さんの経歴

職業:「VOGUE JAPAN(ヴォーグ・ジャパン)」編集長

VOGUE JAPAN ヘッド・オブ・エディトリアル・コンテント

誕生:1974年生まれ

出身地:アメリカ・ロサンゼルス

 

ティファニー・ゴドイ(Tiffany Godoy)さんは大学時代に出会った日本人のファッションに一目惚れし、日本に深く興味を持つ。

1997年に大学を卒業すると、日本に来日し
「Studio Voice・Composite 」といった雑誌のエディターとして活躍。

雑誌編集者として活動したのち、フリーランスとなる。

2000年代に東京を拠点として幅広い活動を展開し、
「Tokyo Street Style: Fashion in Harajuku(2008年)」など、

原宿ストリート文化などに関する幾つかの書籍も出版した。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Tokyo Street Style【電子書籍】[ Yoko Yagi ]
価格:1992円 (2022/9/15時点)

楽天で購入

 

 

2010年、米津智之氏というアートディレクターと共に「The Reality Show」という雑誌を立ち上げ、編集長になる。

2021年に長くVOGUE JAPANの編集長として活躍してきた渡辺三津子さんがその年の年末号(2022年2月号)をもって編集長から退任する事が明らかになり、

2022年1月『VOGUE JAPAN』の編集長に就任した。

ティファニー・ゴドイ編集長がリニューアルした最新号には、QRコードを読み取るとアバターが出てくる仕掛けを搭載するなどの仕掛けがあります。

京都をこよなく愛するティファニー編集長です。

冨永愛さんの息子・冨永章胤さんがデビュー!

モデル・冨永愛さんの息子・冨永章胤(あきつぐ)さんが『VOGUE JAPAN』でデビューした。

冨永章胤(あきつぐ)さんは17歳で身長が188cm
で、名前を出しての活動が初となる「VOGUE JAPAN」で、

冨永愛さんも私にとって思い入れのある『VOGUE JAPAN』で、というのが何よりうれしいですね、と語っております。

タイトルとURLをコピーしました