小林久隆 医師がん治療の世界初光免疫療法とは?経歴や関西医科大学に全国の病院はどこ?

スポンサーリンク
小林久隆(こばやし・ひさたか)医師の経歴 医師・先生
スポンサーリンク

小林 久隆(こばやし・ひさたか)医師はアメリカ合衆国で活躍する日本の医師。

2022年4月に関西医科大学光免疫医学研究所長に就任した。

小林 久隆医師は、ノーベル賞受賞者が160人も輩出しているアメリカ国立衛生研究所(NIH)に研究室を持つ医師です。

がん治療には主に『手術』、『放射線』、『抗がん剤』が用いられていたが、

第4の治療法として小林 久隆医師が開発したのが
「光免疫療法」なのですだ。

スポンサーリンク

光免疫療法とは?

光と免疫による患者にやさしいがん治療法
光免疫療法(ひかりめんえきりょうほう、

英:Photoimmunotherapy)とは、光に反応する薬を投与し、薬ががんに十分集まったところでがんに対してレーザー光をあてることで治療する、新しいがん治療法です。

日本においては、「切除不能な局所進行又は局所 再発の頭頸部癌」に対する治療として2020年9月に承認され、現在は保険診療として治療を受けることが可能です。

光免疫療法用の薬は、がん細胞の表面に多く出ている目印(抗原)にくっつくタンパク質(抗体)に、光に反応する物質をつけたものです。

この薬を点滴投与すると徐々にがんに集まっていき、1日くらいでがん細胞に薬がたくさんくっつきます。

そこにレーザー光を当てると薬が反応し、薬がたくさんくっついたがん細胞は破裂して死滅します。

一方で、光免疫療法用の薬がほとんどくっつかない正常細胞は、レーザー光を当ててもダメージを受けません。

また光免疫療法用の薬自体は細胞にダメージを与えませんし、使用するレーザー光も人体に害は及ぼさないので、

抗がん剤のような治療部位以外での副作用はなく、患者にやさしいがん治療法といえます。

https://www.kmu.ac.jp/research/pit/commentary/index.htmlから抜粋!

小林 久隆は「30年この研究を続けてき、やっとスタートラインに立てた」と話しております。

そんな小林久隆医師がん治療の世界初光免疫療法とは?経歴や関西医科大学に全国の病院はどこ?など調べて見ました。

 

小林久隆(こばやし・ひさたか)医師の経歴

小林久隆(こばやし・ひさたか)医師の経歴

所属:NIH/NCI(米国立衛生研究所・国立がん研究所)分子イメージングプログラム主任研究員

関西医科大学光免疫医学研究所所長

誕生日:1961年9月13日生まれ 

出身地:兵庫県西宮市

出身中・高校:灘中学校・高等学校(兵庫県神戸市)

出身大学:京都大学医学部医学科

出身大学院:京都大学大学院を修了 医学博士修得

職歴・受賞

1995年アメリカ国立衛生研究所(NIH)臨床センターフェローに。

1998年に京都大学特任助手。

2001年にNCIおよびNIHシニアフェロー。

2004年にNCI分子イメージングプログラムで主任研究員として基礎研究開発部門を主導。

2012年にバラク・オバマ大統領の一般教書演説で紹介される。

2012年に日本政府の国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として表彰。

2014年にNIH長官賞を受賞。

2015年に頭頸部癌患者を対象にした臨床治験が米国で開始。

2018年3月に再発頭頸部癌患者を対象にした臨床治験が日本で開始。

2022年4月に関西医科大学光免疫医学研究所長。

日本における研究拠点とし、病理、新薬開発を進め、新たながん治療の開発を進める。

小林久隆医師の著書!

癌の光免疫療法が受けられる全国の病院は?

こちらの治療は施設要件を合格した医療機関で提供され、関東、東海、北海道、東北圏内で治療をお考えであれば、以下の医療機関となります。

関東地方

・亀田総合病院

・癌研究会有明病院

・北里大学病院

・群馬大学医学部付属病院

・国立がん研究センター東病院

・埼玉医科大学子交際医療センター

・東京医科歯科大学医学部付属病院

・東京医科大学病院

・横浜市立大学付属病院

東海地方

・愛知医科大学病院

・愛知県がんセンター病院

・岐阜大学医学部付属病院

・藤田医科大学病院

北海道エリア

・北海道大学病院

東北地方

・秋田大学医学部付属病院

・岩手医科大学付属病院

・宮城県立がんセンター

現在、保険適用となっている光免疫療法は「一部の頭頸部がん」のみであり、多くのがん患者様のニーズを満たすにはまだ時間を要します。

HP:https://gan-chiryou-clinic.com/tgc-latest-news/hikari-area/

医療法人社団良凰会 TGC東京がんクリニックから抜粋!

タイトルとURLをコピーしました