森田一頼 パティシエ がクロスロードに!プロフィールと常識破りのスイーツ

スポンサーリンク

img_2935_2_c

森田一頼 パティシエ がクロスロードに登場

常識破りのスイーツを世に送り続け、注目を浴びるパティシエ
森田一頼

昨年、東京赤坂にオープンした店「リベルターブル」に並ぶのは
どれも個性的で鮮烈なインパクトを与えるプティガトーの数々。

言葉数は少ないが、内に秘めたスイーツに対する情熱は誰にも勝る
そんな真面目でストイックな森田が新たな

クリスマスケーキ作りに着手!あくなき探究心と生みの苦しみ
新作が完成するまでの日々に密着した。

libertable_moritachef

森田一頼さんプロフィール

1978年新潟に生まれる。
新潟県出身

東京・吉祥寺「レピキュリアン」、新潟「ルーテシア」を経て、
2004年11月 渡仏

モンペリエ「ジャルダン デ サンス」、ポイヤック
「コルディアンバージュ」、パリ「アストランス」

など複数のレストランやパティスリーにて知識と経験を深める。
2008年6月より L’EMBELLIRにてシェフパティシエとして就任する。
2010年7月 レストランLibertableのシェフに就任

「リベルターブル」オープン

2013年10月5日、「リベルターブル」が赤坂の地に新店舗をオープン。表参道時代には、デセールを中心としたフレンチレストランという

新ジャンルを確立した森田一頼シェフ。
]そのコンセプトは、「独自のフィルターを通した自由な発想、

記憶に残るクリエイティブ」。新店ではテイクアウトを主軸に、
イートイン可能なカウンター席を備えたブティックとしてスタート。

2012年より、次のステージに向けて準備を重ねてきた森田一頼シェフが、ファン待望の新店舗を赤坂でスタートします。

2013年10月5日(土)12時にオープン。
地下鉄の赤坂駅からも近く、赤坂通りに面し、日枝神社が

見えるアクセスのよい場所です。
二面がガラス張りとなった店舗は通りすがりにも目立ち、

スポンサーリンク

一歩入ると、コンクリート打ちっぱなしの壁に金色がア
クセントとなった店内。

パティスリーと思えないような凝った照明が印象的です。

ショーケースに並ぶ華やかなプティガトーの説明書きを見れば、
黒トリュフやフォアグラ、ハーブやスパイスなどを使った

個性的な物が多数揃い、初めて訪れた人は驚かされるはず。
オーナーシェフの森田一頼シェフ独自の発想による素材の

組み合わせやバランスは、レストランのパティシエとして
培った経験が活かされた、この店でしか体験できないものです。

m_1411260528_548cd7d5e92f6f1588e683567b8c80c7

img_2921_2_c

libertable_case

フレンチレストランの世界に新風を巻き起こした森田一頼シェフ。
吉祥寺の「レピキュリアン」や新潟の「ルーテシア」などの

パティスリーで修業し、2004年に渡仏。モンペリエ「
ジャルダン デ サンス」、ポイヤック「コルディアンバージュ」、

パリ「アストランス」など複数のレストランやパティスリーで
経験を重ねて帰国し、2008年より「ランベリー」

シェフパティシエに就任。
2010年よりパティシエが創り出す、新コンセプトのレストラン

「リベルターブル」シェフに就任しました。
そんな森田シェフと「リベルターブル」の新楽章が始まります。

ize-medium wp-image-1854″ />

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。