コンシェルジュ 阿部佳!ホテルの風呂!プロとアマの違い!

スポンサーリンク

コンシェルジュ 阿部佳さんがNHKのプロフェッショナル 仕事の流儀に登場

ホテルにおいて客のあらゆる要望に応える、
スゴ腕コンシェルジュ・阿部佳さん!

 

「パスポートを落とした」、
「本物のサムライに会いたい」、
「風呂をバラで埋め尽くしたい」など

 

とっぴな依頼にも“出来ない”とは
絶対に言わない。

 

世界の一流コンシェルジュで作る
レ・クレドールの名誉会員に認定される
唯一の現役日本人だそうです。

 

依頼は1日300件以上、超高級ホテルの
知られざる舞台裏に初めて密着した。

 

攻めのもてなしの極意に迫る!

keyabe

阿部 佳 (あべけい)さんのプロフィール

生年月日 1959年10月26日

学歴:

1978年3月 慶応義塾女子高等学校卒業

1982年3月 慶應義塾大学 社会心理教育学科 教育学専攻卒業

職歴

1980-1984 外国人向け国内通訳ガイド

1982-1983 株式会社パルコ 営業本部営業事務局勤務

1983-1991 財団法人幼児開発協会 企画室勤務

1984-1991   同財団 企画室長

1992-2002 ヨコハマグランドインターコンチネンタル  ホテル コンシェルジュ

1995-2002 同ホテル ヘッドコンシェルジュ

1995-   レ・クレドール 国際正会員

1998-2002    レ・クレドール ジャパン プレジデント
2002    ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル

人事業務部研修担当支配人 インタ

ーコンチネンタル・ホテル・アカデミー主任講師

2002- グランドハイアット東京 チーフコンシェルジ   ュ
2011- レ・クレドール ジャパン 名誉会員

2014- レ・クレドール インターナショナル 名誉会員

 

 

201009

スポンサーリンク

 

ホテルのコンシエルジュとは?

フランス語では、コンシェルジュは本来
「集合住宅(アパルトマン)の管理人」と

 

いう程度の意しか持たない単語である。
そこから解釈を広げ、ホテルの宿泊客の

 

あらゆる要望、案内に対応する「総合世話係」と
いうような職務を担う人の職名として使われている。

 

宿泊客のあらゆる要望に応える事をその
モットーとしていることもあり、

 

「(宿泊客の要望に対して)決して
NOとは言わない」と言われている。

 

「よろず相談係」ともいわれるコンシェルジュだ
日本ではなじみの薄い面もあるが、せっかく泊まるなら、このサービスもうまく利用して滞在を楽しみたい

 

店の予約から人捜しまで
東京の六本木にあるグランドハイアット東京。

 

海外の宿泊客が約7割を占めるこの
ホテルではコンシェルジュサービスの利用が多く

 

午前8時から午後9時まで、ロビーのデスクに
様々な依頼が寄せられる。

 

ホテルは、365日24時間、常に動いています

 

プロのサービスとアマチュアのサービス

お客様に『ありがとう』という言葉を
いただいてもうれしくありません。

 

私はサービスを職業としている“プロ”ですから、
感謝されたいなんて思っていないんです。

 

無題

これがプロとアマチュアの違いです。

サービスのプロではない人が“親切心”で
行う行為であれば、相手に感謝される

 

ことだけで満足してもいいでしょう。」
しかし、プロが仕事として行うサービスは、

 

その一歩先、お客様に『また来たい』と
思っていただくことが目的なのです。

 

私が何よりもうれしいのは、一度いらした
お客様が、『また来たよ』と次にも
来てくださったときです。

 

この言葉は、他の会社でも言える事ですね
簡単そうで難しいことなのです

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。