福江誠「東京すしアカデミー校長」!プロフィールと海外戦略とは?

東京すしアカデミー株式会社 代表取締役社長
福江誠が カンブリア宮殿に登場

 

そんな中、すし職人を次々と輩出している
異色の学校がある。

 

素人でも最短2カ月ですしを握れるように仕
立てあげる。

 

和食の象徴“すし”。しかも“飯炊き3年、
握り8年”といわれる厳しい修業の世界は

 

現代に合わず、後継者不足から店をたたむ
すし屋も少なくない。

スポンサーリンク

しかし今は回転ずしが主流で、昔ながらの
すし職人は減る一方だ。

“見て盗む”世界だったものを、
講師が手取り足取り教えるスタイルを導入。

「東京すしアカデミー」だ。

 

sushi1

福江 誠 (ふくえ まこと)社長プロフィール

東京すしアカデミー校長

東京すしアカデミー(株)代表取締役

JSIA寿司インストラクター協会理事長

1967年、富山県小矢部市生まれ

金沢大学卒業後、

(株)TKCに勤務。

国の会計事務所に情報サービス提供も会社

1995年、寿司業界の経営指導の草分け的な
経営コンサルタント渡辺英幸先生のもとに
弟子入り。

 

5年間の勤務コンサルタントを経て、

 

2000年1月個人コンサルタント事務所を設立。
東京の超繁盛店「梅ヶ丘寿司の美登利」

 

「神田江戸っ子寿司」をはじめ、数々の寿司店の経営指導にあたる。

 

2002年6月、日本で初となる寿司専門スクール
「東京すしアカデミー」を設立し、
校長に就任。

 

飾り巻き寿司の技能認定検定機関でもある
寿司インストラクター協会理事長を兼務し、

 

寿司インストラクターの育成を通じ、
食育活動や国際的な食文化交流を推進している。

 

直営の寿司店として

「誠寿司」「神楽坂すしアカデミー」では、
東京すしアカデミーの在校生、

 

卒業生が中心となって運営するユニークで
かつ本格的な寿司店を経営。

海外展開もしており、中国・広州に「誠寿司」を
運営。

 

著書に「日本人が知らない世界のすし」
日本経済新聞出版社刊(2010年)

スポンサーリンク

 

東京すしアカデミー海外戦略とは?

2002年の開校以来、3000人の職人を送り出した。
経営コンサルタントから転身したこれまた
異色の人物だ。

 

一般的な弟子入りして握るまでだと
長いと数十年と言われる厳しい世界です。

 

それを本格的であれば1年。
最短であれば何と2か月という速さで仕上げる

 

しきたりと伝統の世界を外部からの視線で改革

すしのビジネスチャンスは今も海外で拡大し
続けている。

 

すしを産業として輸出する
“すし”だけでなく“SUSHI”へ

 

業界の革命児が推し進める“SUSHI産業”
海外戦略

 

1_1

シンガポールに海外校を開設!

シンガポール校の概要は主に現地や
周辺国の人を対象にしている。

 

受講生は日本食メニューの一つとして
すしを取り入れる

 

海外校展開で、シンガポールを選んだのは
なぜか?

 

すし職人や日本料理人で海外希望者は多く、
彼らに対するサポート拠点にしたい

 

欧州、北米も視野に入れているが
店舗の同時展開が基本になるという

 

emma

香港でのすし店経営は

「『銀座 いわ』の香港店は東京本店と
同じ素材で本店出身の職人がいるなど、

 

本店のあり方に忠実を期す。
経営は福江さんが行うが、

 

現地投資家も入るプロジェクトなので
懐石料理などもある。

 

香港、シンガポールには世界の富裕層が集まる。
日本国内の情報を持ち、

法人需要が落ち込む高級すし店にとっての
優良顧客層がいる。

最後に

経歴を見るとビックリですね!
畑ちがいですから
本当にすごい方だなと思いますね。

今までにコンサルタントとして活躍
していたのでこういった仕事は
まさに天職ですね!

日本のSUSHIが世界に。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。