谷田千里(タニタ社長)プロフィールと経歴は!兄弟の後継者選びは?

㈱タニタ 社長 谷田千里社長がカンブリア宮殿に
登場します。

 

料理用のはかりから家庭用の体重計まで、
“はかる”機器でおなじみの「タニタ」

 

体脂肪計付きヘルスメーター、体組成計など、
健康分野の計量計測機器で広く知られるタニタ。

 

また最近はタニタ食堂が話題に!

・丸の内タニタ食堂

・NTT東日本関東病院タニタ食堂

・福岡薬院タニタ食堂

・あきたタニタ食堂

 

独自の発想から生まれた商品は、
日常の中で健康への気づきを促すという
貴重な役割を果たしている。

 

同社の社長である谷田千里社長は、
一人ひとりが「はかる」ことを通じて、
日本全体を健康にしたいと考えている。

 

976-1-2_l

谷田千里(たにだ せんり)社長 プロフィール

出生年:1972年

出身地:大阪府

出身校:1993年に調理師専門学校卒業後、

佐賀短期大学(現・西九州大学短期大学部)に進学、

1997年、佐賀大学理工学部卒業後、

アミューズメント施設の企画・運営会社、

船井総合研究所などを経て、

2001年にタニタ入社。

2005年、タニタアメリカinc.取締役、

2008年より、タニタ代表取締役社長。

趣味 :読書、漫画、アニメ、ゲーム

スポンサーリンク

経歴と4人兄弟で社長が長男で無いのか?

父親である谷田大輔前社長から
タニタという会社を36歳で引き継ぎ、

 

若き社長として注目されていて、
実績を上げて更に話題となった、

 

谷田社長は大阪生まれだが
幼稚園時代に東京へ引っ越されています。

スポンサーリンク

 

父親である谷田大輔前社長が、
当時タニタの大阪営業所所長で
あったためです。

 

父親である前社長とは、子供の頃や青年時代には、
結構折り合いが悪く大げんかもしたそうです。

 

しかし、谷田社長さんは、小さい頃から
会社を継ぐ教育を受けていたそうです。

 

その最初がタニタアメリカの取締役に就任が
社長を後任にするための、父の戦略勝ちと
のこと。

 

兄弟は

兄と弟、それに妹がおりますね。
兄は関連会社にいるとの事。

 

谷田社長は小さい頃から会社を悪くするのは
身内の勢力争いだと思っていたので

 

会社を継ぐつもりなく、大学卒業後は
アミューズメント施設を経営する会社へ
入社しました。

 

しかし、父の戦略で今の社長の地位に。

 

父は長男ではなく谷田千里社長を後継者に指名したか?

長男とは対照的な性格であり、
彼の「守りの経営」に対し、

 

谷田千里社長は「攻めの経営」であったため。

 

父はそんな攻めの性格を好み、
千里社長が選ばれたのだそうです。

 

そして今度は千里社長の後継をどう決めるかが
今後の課題である

 

今は可能性のある社長の3人の息子さんを
タニタに入社させ競争をさせているそうです。

 

その息子達のいずれかに継がせたいと
事業を伸ばせる優秀な人材に譲りたいと考えている。

 

なぜなら、企業の後継者は、企業の資産を減らさず、

従業員の生活を守るという責任が伴う。

 

したがって力のある者が承継するのが原則だから
であるとのこと。

 

企業を取巻く状況も日々変化をしてきている。

 

最後に

会社が大きければ大変ですね、しかし外された
子供は関連会社に・・

考えはいいのですが、しこりが残らなければ
いいのですが。

そんな大きなものを背負って無い私は幸せかも
知れません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。