七夕の日に野菜をお供えするようになった3つの由来って?

スポンサーリンク
イベント

七夕は1300年前から行われている行事なのです。

現在は笹に願い事書いて結ぶが通常の行事です

皆さんの中で七夕に「そうめん」食べる
知ってましたか?

関連サイト

七夕の行事食にそうめんを食べるようになった由来は?

七夕の日に野菜をお供えする、何の野菜なのか
その変を調べて見ました。

スポンサーリンク

七夕に野菜をお供えする理由?

中国から日本にこの風習が伝わると
宮中の人々は桃や梨、きゅうりやナス、うり、

大豆、干し鯛、アワビなどを供えて、星を眺め、
香をたき、楽を奏で、詩を楽しみました。

江戸時代、七夕が五節句のひとつになると、
庶民の間でも広まり、全国的に行われるようになりました。

人々は野菜や果物を供えて、詩歌や習い事の
上達を願ったそうです。

七夕に野菜をお供えするという習慣はこの頃に
確立したものだといわれています。

o0480036011404689049

3つの七夕に野菜をお供えする由来とは?

七夕の由来には諸説あります
また、七夕に野菜をお供えする由来も
いくつかあります。

どれが正しいかは別にしました

関連サイト

土用の丑の日にあんころ餅を食べるようになった理由

1・天帝様へのお供え物

★織り姫様と織り姫のお父さん天帝(てんてい)は神様です

★この二人の神様は天と水、織物の神様です

七夕の日にその時に一番おいしいものをお供えするとその年の

豊作や織物をはじめとする手芸が上手になるといわれています。

7月の七夕さんの時期の野菜は、キュウリやナスですね。

お供えした野菜は神様の食べ残しなので
神様の力が宿っています。

お供えのあとはナスやキュウリに願い事をしながら
おいしくいただきましょう。

2・お盆のお迎えには?

現在のお盆は、8月の13~16日辺りに行っている行事なのですが。

地獄の休養日であるお盆は、御先祖さまが
この世に里帰りする日。

しかし、江戸時代よりも前の時代には
7月15日の前後1週間に行っていました。

七夕の日はちょうどお盆が始まる日にあたり、
七夕様をお祝いしつつお盆のお迎えを
行っていました。

だから、ナスやキュウリを馬に見立てた精霊馬を
作りお迎えに行くわけです。

今でも一部地域では7月にお盆を行っているところもあります。

私も小さい頃ナスやキュウリに、割り箸で足を
付けていました。

3・瓜からできた天の川

七夕の由来で一番有名な織り姫と彦星が結婚した後、

仕事をさぼってばかりいた戒めとして、

二人を天の川で隔てて反省させたという話がありますまた、

彦星がうっかり瓜を横に切ってしまい、

天に川ができた為に二人が引きさかれてしまった
という由来があります。

嘘をついたら信用がなくなってしまうよという
教訓たっぷりです。

彦星が切ったこの瓜からできた天の川から、
瓜→水→水の神様→厄除けとお願いごとが叶うと

変化し、七夕に瓜の仲間であるナスやキュウリを
お供えする事になったとか。

最後に

地域に寄っては、赤飯もあります

こだわっている農家はこの時に使う小豆
(またはササゲ)を今年の初物とするらしいです。

「七夕までに小豆を作りなさい。」という今で言う
農事暦みたいなものかもしれません。

日本は広いです、同じ行事でも所変はれば
食べ物から、習慣、生活ぜんたいが違ってきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました