土用の丑の日にうなぎを食べるようになった3つの由来とは?

その土用の丑の日ににうなぎを
食べる理由を知っていますか?

 

うなぎの理由と、うなぎ以外の最近の
食べ物もご紹介します
土用の丑の日にうなぎを食べるのは、
単純に「夏バテ防止のため!」という方は

 

多いと思います、私自信も前から思っていました
なぜか、土用丑の日に食べるようになったのか

スポンサーリンク

 

その説は平賀源内説が有名ですね、

それも、仮説です
他にもいろいろ言われているんですよ。
土用丑の日じゃなくても、昨今はいつでも
食べられる。

うなぎを食べるようになった説とは!

 

平賀源内の説が一番有名ですが、その他にも
少数意見ながらあります。
平賀源内説

春木屋善兵衛説

神田の鰻屋の店主、春木屋善兵衛の店に土用の頃、さる大名家からたくさんの蒲焼の注文を受けました。

春木屋では土用の子、丑、寅の3日間鰻を焼いて、それぞれをかめに入れて保存しておいたところ、子の日と寅の日に焼いた鰻は腐っていて、丑の日の鰻はおいしいままだったんですね。

で、このことがあって以降、鰻は丑の日に食べるのが一番となったそうな・・・

 

蜀山人説

鰻屋の主人からの依頼により、狂歌師である蜀山人こと大田南畝(おおたなんぽ)が「土用のうなぎは夏痩せに効果があり、特に丑の日には食当りしない」と宣伝するように言ったところ、これがめちゃ売れしたという説。

スポンサーリンク

蜀山人に関してもう一つの説は、蜀山人は狂歌師なので「うなぎを食べたら病気にならない」というような狂歌を作って宣伝したという説もあります。

昔は、情報や噂話は人の口から口へ
伝わって行くものでした

うなぎじゃなく「う」うのつく食べ物がいい???

本格的な夏の季節、うだるような暑さ
暑さで夏バテにならないように精の付くものを
食べれば。

 

最近は、うなぎじゃなく「う」のつく
食べ物ならいいことに、なってきています。

yuto_chorirei_2

 

時代と共に変わって来ていますから
うなぎが嫌い、油で胃が、お年寄りでも
変わってきてますよ。
「う」のつく美味しい物だといいらしですよ。
「う」の付く食べ物は

•鰻

•うどん

•梅干し

•瓜
などがありますが「うまい棒」もあり?!

その他にも

•ウニ

•馬の肉

•牛の肉

•ウサギの肉

•ウコン
どうでしょうか、お好きな物がありましたか

最後に
毎年スーパーやコンビニの売り込みで
当たり前になって来ています。

でも、リストに上がった商品名、うなぎより
高いものも

 

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。