土用の丑の日にあんころ餅を食べるようになった理由

土用の丑の日にあんころ餅を食べる?

 

地域によって食べる風習があります
それは関西や北陸地方

 

(特に京都や金沢)を中心に残っています。
しらべましたら、土用の丑の日の行事食が

 

あることが分かりました。

 

土用の丑の日の行事食とは?

  • 土用餅
  • 土用蜆(どようしじみ)
  • 土用卵

などと、呼ばれる食べ物があります。

 

image-annkoro500

土用餅の由来は

土用餅とは、土用の日食べる「あんころ餅」
のことをいいます。

 

昔は、宮中の公家の間では、土用の丑の日に、
ガガ芋の葉を煮出した汁でもち米の粉を練り、

 

丸くまるめたものを味噌汁に入れて食べると
暑気あたりしないという風習があったそうです。

スポンサーリンク

江戸時代中期になりますと、土用の入りの日に
お餅を小豆餡に包んだ「あんころ餅」を
食べるように変わったそうです。

 

土用餅は

  • お餅は力持ち(力餅)
  • 小豆は厄除けに通じる

土用餅を食べると無病息災で過ごすことが
できると言われています。

スポンサーリンク

 

小豆に含まれているビタミンB1は
糖質をエネルギーに変える作用があり、

 

また筋肉内に糖質が蓄積して疲労物質になる
ことを防いでくれる

 

疲労回復、夏バテ、肩こり、筋肉痛、だるさ、
などに効果があるとされています。

 

今でもその習慣が関西・北陸地方などに
残っているのでしょうね。

 

最近は、あんころ餅の他にも草餅や笹餅、
安倍川餅など地域によって食べられる餅が
変わってきています。

 

土用蜆(どようしじみ)は

土用の蜆は腹の薬

と昔からいわれてます

 

「う」のつく食べ物が定着する前から、
土用の食べ物と食されています。

 

蜆の旬は、夏と冬の2回あります。それぞれ
「土用蜆」と「寒しじみ」と呼ばれています

 

土用卵は

土用卵とは、土用の時期に産み落とされた
卵のことをいいます

卵が?

昔は卵が貴重品でした、最近はスーパーなどで
1パック売りが定番ですが

昔は1コ、2コ、とかのバラ売りでした

 

卵の栄養源は

たんぱく質やカルシウム、鉄分のほか、
人の体内では生成できない8種類の必須アミノ酸

 

栄養たっぷりの卵ですが、土用の期間に産み落と
された卵は、特に精が付くといわれています。

最後に

地域でのあんころ餅ですが、関東地方の方は
初めてしった方も。
昔の人は良く考えて食べていったんですよね
今見たいに、測定器があるわけでもない時代
どうやって体に良いとか分かったか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。