お盆の盆提灯を飾る時期はいつ頃?飾り方に決まりはあるの?

盆提灯は神道でいう「依代(よりしろ)」と言われます。

 

ご先祖様の霊が自宅に帰ってくるときの目印として
飾られるようになったといわれてます。

 

火は人の心を明るく照らし

感謝の気持ち込めたお盆の供養を表す

お供えとして最高のものとされています

 

 

k1410137038

盆提灯はいつから飾るの?

盆提灯は迎え火、送り火の役割があり

8月13日(7月13日)に明かりを灯し、

16日には明かりを落とします。

 

地域によりお盆月の8月(7月)に入って早い時期
から盆提灯を飾る場合が多いです。

スポンサーリンク

盆提灯はどこに飾るの?

絵柄の入った盆提灯は

精霊棚(盆棚)やお仏壇の両脇に一対、二対と飾ります。

飾る場所が狭いときは、片側に一つだけ飾るのでも
良いです。

スポンサーリンク

新盆はどこに飾るの?

白提灯は

初めて故人の霊が家に帰る目印として

玄関や縁側の軒先に飾ります。

 

最近では防犯や火事(ローソク)の心配が
ありますので

 

仏壇の置いてある部屋に飾るのも良い
火事(ローソク)は危ないので日を灯さないで

 

お飾りで迎え火するのが、多くなっています。

新盆用の白提灯は、一つあればよいです

 

お盆が終わった盆提灯はどうするの?

■絵柄の入った盆提灯は

毎年飾るものですから、お盆が終わったら、

火袋や部品をきれいに拭いて箱に入れて保管します。

防虫剤を一つ入れる事をお勧めします。

■新盆用の白提灯は

むかしは送り火で燃やしたり、お寺さんに持って行き
供養処分してもらいました。

 

最近では、火袋に少しだけ火を入れて燃やし
鎮火を確認してから新聞紙などに包んで処分する。

 

最後に

昔の様にお盆のお供え物は、川に流したり

してましたが環境問題で地方でも出来なく

なってます。

町内でまとめて処分するか、燃えるゴミに出すように

なってしまいました、時代と共にドンドン変わって

いきますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。