お盆にそうめんをお供えする意味は4つも説があった!! –

お盆にそうめんは暑いから、私達も食べている

旬なものだから仏様にも上げるんだと思ってましたが

お盆にそうめんをお供えする理由があったのです?

意味があってお供えされている「そうめん」だった

のです。

その理由がわかれば、お供えするときも気持ちが

違ってきますね。

スポンサーリンク

1.素麺は糸に見立てられ、針仕事上達の供物

2.素麺を食べると熱病にかからないという

3.「喜びを細く長く」とで縁起をかついでいるため

4.仏様が帰る時に、そうめんが荷物をまとめる紐になる 

 

 

img58497345

盆棚にそうめんを供えますが、何故?

素麺を供物とする由縁に七夕がありますが
七夕に素麺が供えられていたことが、

 

そのまま盆棚の素麺に引き継がれているそうです

 

彦星と織姫の伝説で知られる七夕は

元々お盆行事と関係の深いもので、
笹は先祖の霊が宿るといわれてます。

 

4つの意味は?

1.なんと、七夕は針仕事の上達を願うお祭りとの事
素麺は糸に見立てられ、針仕事上達の供物とされ

スポンサーリンク

そのまま先祖を招く盆棚にも取り入れられた説もあります。

.素麺を食べると熱病にかからないという
平安時代は宮中の七夕行事から始まっています

それがご先祖様つながりで盆棚にも取り入れたという説もあります。

.「喜びを細く長く」とで縁起をかついでいるため
そうめんが細長いことから幸せが細く長く続く

縁起をかついだ理由からお供えに用いられた説

.仏様が帰る時に、そうめんが荷物をまとめる紐になる

お盆におりてきたご先祖様が盆棚を飾る馬に
のって帰るときの手綱と

牛で土産物を運ぶために荷物をくくる荷綱になるという説。

このような言い伝えから盆棚にそうめんをお供えする
ことが分かりました。

 

昔ははそうめんが高価で贅沢品だったそうで
お盆の時だけのごちそうだった説もあります。

 

地域に寄っては、盆棚の上部にぐるっと張り巡らせた結界の

縄にとともにそうめんを挟んでぶらさげる風習が残っている

地域もあるそうです。

 

※地域によっては、うどんをかけるところもあります。

 

最後に

そうめんも地域で違いがあります

お盆のご先祖をお迎えして、お腹を空かせて帰って

来たご先祖様に最初にお供えするのが「そうめん」

です。

めんつゆを入れたそうめんを出す地域。

盆棚の上部にぐるっと張り巡らせた結界の

縄にそうめんを挟んでぶらさげる地域。

色々あります、これが正式というモノは無いです

気持ちが第一です、お盆はご先祖様の供養ですから

うどんでも、そうめんでも良いのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。