灘のけんか祭り、屋台の重さや大きさは、穴場

正式名称 『松原八幡宮秋季例大祭』

 

灘のけんか祭りは松原八幡神社の祭典として
知られ歴史は古く

 

天平宝字7年発卯4月11日(西暦763)豊前国宇佐神宮より
当白浜町の西部の松原村へ奉迎され、天皇の御祈願所とされたと伝えられている。

スポンサーリンク

灘のけんか祭り(姫路)2015の日程は?

 

 

2015年の10月14日(水曜日)、15日(木曜日)です

 

 

540be804ccacf

屋台の重さや大きさは?

参加七地区すべてが一基づつの『祭り屋台』を所有している。

 

屋台は通常、80~90人くらいの人数で、
『担ぐ』とは言わず、『練る』と表現される。

スポンサーリンク

 

重さは2t~2.5tと言われているが、
定かではない

 

松原屋台

<屋台本体>

大きさ/長さ8メートル、幅2.4メートル、
高さ4メートル

重 さ/約2トン

灘のけんか祭り穴場スポットは?

桟敷席は一般の方は入手出来ないので
マジかで見学したいでしょうが、お年寄りや

 

お子さんは危険ですから、穴場スポットで
ゆっくり見学するのもいいですよ。

 

御旅山頂です。

格好の観覧場所ですよ。

「けんか祭り」とは一味違う、のんびりとした
雰囲気が山上にはあるので、ここもお勧めです。

お問い合わせ

兵庫県姫路市松原八幡神社
079-245-0413

最後に

『まわし一つの活気あふれる男衆が、汗と力の限りを尽くして、神輿合わせ

、ヤッサ練りをくりひろげる』人と力の密集した、男の祭です。

お楽しみ下さい

関連サイト

灘のけんか祭り(姫路)2015の日程!アクセスと桟敷席 金額は?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。