京都 東福寺の紅葉見頃いつ?混雑状況とアクセスや穴場は?

京都の東福寺の紅葉は通天橋からみる紅葉が絶景です。

 

別名「通天紅葉」と呼ばれ、葉が三つに分かれて黄金色になる
カエデ数十本が見られます。

 

20万平方メートル以上の広大な境内には、国宝に指定されている三門。

苔と敷石が市松模様を作る方丈庭園など見どころ盛りだくさんです。

 

1863201_1

京都の東福寺 紅葉の見頃は?

大本山 東福寺

住所:京都府京都市東山区本町15丁目778

紅葉の色づきは:11月中旬

紅葉の見頃は:11月下旬~12月上旬

紅葉する木の種類:イロハモミジ、モミジ、トウカエデ

時間:8:30~16:00

拝観料:400円 / 小中学生300円

スポンサーリンク

東福寺へのアクセスは?

■交通アクセス

【電車】JR・京阪本線東福寺駅から徒歩約10分

【バス】九条車庫前行きで15分、東福寺下車、徒歩10分

【車】名神高速京都南ICより約4km

【駐車場】なし

【ライトアップ】なし

※注意事項紅葉時期(10月下旬~12月上旬)は
駐車場閉鎖します。

公共交通機関の利用がおすすめします。

お問合せ

075-561-0087 東福寺

「公式ホームページほか、関連サイトはこちら」

http://www.tofukuji.jp/

混雑状況

シーズンになると全国から観光客が訪れ
JR東福寺駅から通常ですと歩いて約10分ですが
混雑時は、倍の20分は覚悟して下さい。

スポンサーリンク

 

紅葉シーズンは、入口に入場券売り場のテントが設けら。

ここの並びが混雑時で一時間程度かかります。

 

日本一の紅葉・京都東福寺通天橋の凄まじい混雑
動画

紅葉の見物でも1時間は見て下さい。

人・人・人です。

 

朝一に並んで開門(8時)と同時に入場する
と、いった意見もありますが

 

朝一に並んでも、同じく混みますので
一時間前の朝7時には、並ばなくてはなりません。

 

しかし、午前10時を過ぎると観光ツアーのバスが
一度に到着します。

ツアーバスが到着してからは、最終まで混みます。

 

ですので、遅くても午前10時前には、入場しましょう

 

京都 東福寺の穴場スポットは?

東福寺の南門を出て、徒歩5分の
「光明院」は意外な隠れスポットですよ。

 

  • 「虹の苔寺」と呼ばれ
  • 「波心庭」と呼ばれる美しい庭園
  • 「羅月庵」という茶亭で甘味を楽しむ

東福寺とはまた違った紅葉がたのしめます
お茶を飲みながら、じっくり秋を堪能するにはぴったりの場所。

※拝観料の代わりに「志納」として300円から500円位です。

最後に

混雑は嫌いな方は、東福寺のすぐ近くにある泉桶寺(せんにゅうじ)が

おすすめです。

泉涌寺まで足を運ぶ観光客がいないためです。

京都市東山区泉涌寺山内町27

075-561-1551

JR・京阪東福寺駅から徒歩10分

9:00〜16:00

伽藍拝観:500円

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。