ニトリ新社長 白井俊之プロフィールと略歴は!社長交代のワケ

ニトリホールディングスは26日、中核事業会社ニトリの社長を務める

白井俊之副社長(60)を社長に充てる人事を発表しました。

 

創業者の似鳥昭雄社長は会長に退くが、引き続き代表権は維持する。

執行体制の若返りを図ることで、成長戦略を
加速するのが狙いだ。

 

大卒入社から35年の叩き上げ。創業家以外でニトリHDとニトリの

代表権を持つのは白井社長が初となる。

スポンサーリンク

始末書や減給の数はおそらく社内で一番だった白井社長の
プロフィールや高校、大学略歴を調べて見ました。

 

001

画像:http://news.mynavi.jp/articles/2015/07/31/nitori_o…

白井俊之(しらい・としゆき )社長プロフィール

ニトリ社長

誕生:1955年

出身地:北海道生まれ

出身高校:札幌南高校

出身大学:1979年宇都宮大学を卒業

職歴:1979年ニトリ入社

複数の店舗で店長として活躍

2004年常

2008年専務

2010年取締役専務執行役員

趣味:プール、ジャグジー

 

社長交代のワケ?

28期連続増益の超優良企業

スポンサーリンク

創業家以外でニトリホールディングスおよびニトリの代表権を持つのは、

白井氏が初めてだ。

 

似鳥氏は3月28日の決算発表の席で、自身が2014年3月に
70歳になったこともあり、今後の経営を後進に譲ることを示唆。

 

白井氏は成果を出しており、バランス感覚も高いと
評価する。

 

白井氏はホールディングスでも代表取締役副社長に昇格する。

5月9日の株主総会後に就任する。

 

全商品のおよそ85%を国外から調達する同社にとって、2012年末から

急激に進行した円安局面は大きな逆風だった。

 

商品担当役員である白井氏は、供給業者や材料の原産地の変更、高価格帯商品の

拡充などの施策を打ち出し、利益を改善した。

 

今回の人事は、そうした点を評価したもの。

海外出店を加速

ニトリの店舗数9割以上が国内。さらなる成長に向けては、国内だけでなく

海外への進出も重要になる。

 

  • 売上高 4,172億8500万円(2015年2月期連結)
  • 店舗/366店舗

※国内/340店舗(デコホーム28店舗含む)、台湾/19店舗 アメリカ/5店舗 中国/2店舗

物流センター/国内10カ所、海外3カ所

 

ロマンの実現のための具体的数値目標『ビジョン』

 ■2032年  3,000店舗  世界有数の“暮らし提案企業”へ

■2022年  1,000店舗  本格的なグローバル企業へ

■2017年  500店舗   トータルコーディネート提案で日本一へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。