平松季哲(たこ満)のwikiや高校は?妻きよ子となぜ人気店に?

株式会社たこ満 代表取締役社長 平松季哲(ひでのり)がカンブリア宮殿に登場

 

「たこ焼き屋」のようだが、地元で知らない人がいない人気の和洋菓子店だ。

 

静岡県西部に17店舗を構える「たこ満」は
家族3世代でファンという客も珍しくないそうです。

 

これほど「たこ満」が支持される理由は売上高を伸ばす奇跡の和洋菓子店の

平松季哲(ひでのり) 社長のプロフィールや経歴、妻など調べて見ました。

 

 

eeb50671b5b0233b434a7a0370354973

画像:http://www.iwata-jc.or.jp/tag/%E7%A4%BE%E9%95%B7/

平松季哲(ひでのり) 社長プロフィール

株式会社たこ満 代表取締役社長

生年月日:1952年9月3日

出身地:静岡県大東町

出身校:袋井商業高等学校卒

職歴:東京目黒モンドール洋菓子店

スポンサーリンク

経歴

初代社長平松節一氏が東京都に修行に出た際、奉公先で初めて食べた酢蛸の

おいしさに感動。

 

酢蛸以上の満足を顧客に伝えたいと考え「たこまん」と命名した。

 

当初の社名は「多古満」でしたが平仮名混じりの「たこ満」に改名してます。

平松季哲社長は高校卒業後は、東京目黒モンドール洋菓子店に3年間修行してます。

 

1976年に父の経営している「たこ満」に入社され

1977年に専務

1990年に代表取締役社長に就任

 

売上高24億42百万円(平成20年6月)、

経常利益1億27百万円(5%)、

自己資本比率80%という堂々たる優良企業に成長しています。

 

従業員数 380名

支店舗数 直営店16店舗

フランチャイズ店1店

https://www.takoman.co.jp/shop/

スポンサーリンク

菊川市 ‐ 小笠本店、小笠工房(製造のみ)

掛川市 ‐ 大東総本店、掛川本館、掛川秋葉通り店(大須賀地域にはない。)

御前崎市 ‐ 浜岡本店

袋井市 ‐ 袋井本店、浅羽本店

磐田市 ‐ 竜洋本店、豊田店

浜松市 ‐ 浜松店、笠井店、立野店、三方原店、浜松志都呂工房

島田市 ‐ 初倉本店

牧之原市 ‐ 相良店、榛原店

 

妻の平松きよ子さんは?

1975年に現在の奥様であるきよ子さんとご結婚をされて
いらっしゃいます。

 

現在はたこ満の相談役です。

平松きよ子-300x200

画像:www.hataraku.pref.shizuoka.jp

 

なぜ人気店に?

創造的な商品開発と徹底したサービス精神で、現在の人気を確立。

 

株式会社たこ満は、私たちの身体は、風土と密接に関係し、その地に適応して育った産物を食することが、私たちの体にとって一番自然で、もっとも体のために良い食の方法である」という「身土不二」の考えだ。

 

地元の食材使用は、徹底している、卵は、菊川市の農家から。

 

米は、袋井市、しょうゆ、みそ及び塩は、掛川市。
いちご、ブルーベリー、くり、ゆず、みかんを始め、各種果物も郷土のものを積極的に利用していること。

 

それにより、農家の方々も作りがいがあがります。

何より、同社の強みの一つに、商品開発力がある。毎月、新商品を開発、

販売している。

 

最後に

和菓子と洋菓子を取り扱い、1年間に発表する新製品の
数が200種類を超え、

常に150種類以上の品揃えで顧客の要望に応えているそうです。

簡単では無いですからね、お菓子は甘すぎず、オーソドックスなしっかりとした作りで、ボリューム感がある。

一番人気の商品は、ブッセの間にオリジナルのチーズクリームを挟んだ「大砂丘」だそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。