森智恵子(皮膚科、産婦人科)のwikiや大学は?美容皮膚科が人気

森 智恵子(もりちえこ)先生プロフィール

(シロノクリニック恵比寿本院 副院長)

専門:皮膚科、産婦人科

誕生:1966年(昭和41年)

出身地:福岡県久留米市生まれ

一児の母

 

img_profile_detail02

画像:http://www.shirono.net/operation/skin/tarumi/tarum…

学歴:1991年久留米大学医学部卒業 医学博士。

産婦人科専門医、抗加齢医学会専門医、レーザー医学会認定医。

 

久留米大学産婦人科を経て、美容医療の草分け的存在シロノクリニックで副院長を務める。

 

日本初導入の最新レーザーなどを皮膚疾患にいち早く取り入れ、

トップレベルの治療実績を持つ。

 

専門はアンチエイジング医療。

スポンサーリンク

担当外来の日には、待合室が赤ちゃんからご高齢の方まで幅広い

患者様層で一杯になるほど。

 

今後は女性の社会進出や、高齢化社会に向け、ますますアンチエイジング医療に熱が入る。

スポンサーリンク

 

皮膚科医、産婦人科医の立場から、働く女性の立場にたった内面の

ケアに力を入れている。

 

森智恵子さん東京の恵比寿シロノクリニックの美容皮膚科の人気?

森智恵子さんは、東京の恵比寿にあるシロノクリニックという美容皮膚科の人気・評判の医師。

 

シロノクリニックの費用皮膚科は3ヶ月待ちの状況。

森智恵子先生は、33歳の時に人生の転機があった

当時、熊本県熊本市にある熊本県市民病院で産婦人科として勤務していた。

 

産婦人科はとても忙しく、なりふり構わず働いていた森智恵子先生。

その当時、1つの疑問が頭にあった
。それは、『せっかく医師になったのだから、女性の患者さんの笑顔が見たい』という気持ち。

 

産婦人科は意外と患者さんの笑顔が少ない場所。
女性の患者さんの笑顔を求めるものの、なかなか結果が出ない日々。

 

そんな時に、森智恵子先生は、患者さんから化粧水を貰ったことがあったそうです。

その時、見た目をキレイにすることが、女性を喜ばせるヒントに感じた森智恵子さん。

 

それを転機として産婦人科の病院を辞めて、東京の美容皮膚科に転職したという経緯。

 

女性を美しくすることで笑顔が見られる。
それが森智恵子さんの喜びだそうです。

 

そういう気持ちがあるから、森智恵子さんの美容皮膚科は評判で予約待ちになるんだろうなと思う。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。