佐藤直紀(作曲家、編曲家)氏とwikiや大学は?プロフェショナル

今回のNHKプロフェショナル仕事の流儀に
「ALWAYS三丁目の夕日」「龍馬伝」「海猿」
映画やドラマで人気の作曲家・佐藤直紀氏が登場。

 

 

佐藤直樹氏は映像に音楽をつける「劇伴」でヒット連発の作曲家ですね。

 

今回、大友啓史監督の話題の新作や、NHKの大河ファンタジー「精霊の守り人」の

「最高のメロディー」は生まれるか?

「音の職人」

スポンサーリンク

そんな佐藤直紀氏のプロフィールや経歴など調べてみました。

 

vol249_top

画像:http://webmagazine.gentosha.co.jp/fusianasan/vol24…

佐藤直紀(さとう なおき)氏プロフィール

作曲家、編曲家

誕生日:1970年5月2日(45歳)

出身地:千葉県

学歴:日出学園中学校・高等学校卒

東京音楽大学作曲科卒業

ジャンル:劇伴

担当楽器 シンセサイザー

活動期間 1990年代 –

略歴

受賞歴

2005年: 第29回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞(ALWAYS 三丁目の夕日)

2007年:第31回日本アカデミー賞・優秀音楽賞

2014年:第38回日本アカデミー賞・優秀音楽賞(永遠の0)

スポンサーリンク

 

佐藤直紀氏は中学生の時、師事していたピアノ
教師の影響で作曲に関心を持つ。

 

また、高校から和声や対位法などの音楽理論を学び始め、音大への進学を

目指すようになる。

 

師事していた先生からの助言もあり、東京音楽大学作曲科の映画・放送音楽コースに

進学。

 

大学在学中に様々なジャンルの音楽を学んだ

 

活動は、クラシックからロックまで幅広く主に
映画音楽、ドラマ、アニメーション、ミュージカルなどの音楽や主題歌・挿入歌の作曲や編曲を手がける。

 

サウンド面では、『GOOD LUCK!!』や『龍馬伝』
のようにシンセサウンドを全面に出しつつ

 

オーケストラなど他の楽器の音を装飾音として加えるというパターンのものも

少なくないが、

 

『カーネーション』のように電子楽器を使用しない楽曲も手掛けている。

 

佐藤氏は映像音楽について映像に合っているものや感情移入しやすいものであることを第一に優先すべきと考えているそうです。

 

作曲においては自身の音楽性を主張するよりも
監督やプロデューサーの意向に添うものを提供することを重視しているそうです。

佐藤直紀氏は結婚してるの?

既婚者で息子がいますね。

最後に

誰もが聞いたことあるメロディの作曲家さんです。

映画を見ていなくても印象に残るテーマの数々です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。