関西電力社長に岩根社長!経歴や出身大学は?八木誠は?

スポンサーリンク

関西電力は28日に開いた取締役会で岩根茂樹副社長(62)が社長に昇格する 。

人事を固めた。八木誠社長(66)は代表権のある会長に就く。

 

森詳介会長(75)は 相談役に退く見通し。

 

6原子力発電所を再稼働 できず経営安定が遠のく中、経営陣の若返りを進めて4月からの電力小売りの 全面自由化に備える。

 

社長交代は2010年以来で6年ぶり。

 

bsd1603281724011-p1

画像:http://www.sankeibiz.jp/business/photos/160328/bsd…

スポンサーリンク

岩根茂樹(いわね・しげき)氏プロフィール

生年月日:昭和28年5月27日

出身:大阪府

大学:京都大法学部卒

職歴

昭和51年4月 関西電力株式会社入社同社支配人原子力保全改革推進室長

平成17年4月 同社執行役員企画室長同社常務取締役

〃19年6月 同社取締役副社長同社取締役副社長執行役員

24年4月、25年6月 関西電力株式会社入社同社支配人原子力保全改革推進室長同社執行役員企画室長

 

関西電力の顧問費用が電気料金に、一人当たり年収1000万円

関西電力の電気料金値上げに関する公聴会(経済産業省主催)で、電気料金の「原価」のいいかげんさが浮き彫りになってきた。

 

有力OBや役人に提供する一時的ポストとなってきた関電顧問の費用が原価に盛り込まれ、一人当たり年平均1000万円も支給されていることが、1月28日の公聴会で明らかになったからだ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。