和知徹(肉料理)プロフィールと経歴は?お店の場所とお値段は?

骨太で豪快な肉料理のスペシャリスト

 

銀座「マルディ・グラ」の
オーナーシェフである和知徹氏。
正統派フレンチの料理人です。

 

世の中は空前の肉ブーム。熟成・赤身・肉フェス等、肉料理は人々の胃袋を掴んで

離さない。

そんな中、肉料理ファンに愛され東京・銀座に店を構えること15年。

スポンサーリンク

フレンチビストロ「マルディ グラ」のオーナーシェフ・和知徹が饗する肉料理は人々を魅了し続けている。

 

今や“肉料理の聖地”と呼ばれ、名だたる料理人も彼の情熱に触れたい一心で店を訪れる。

そんな和知 徹氏のプロフィールや略歴、場所や値段が気になる。

 

0006054191E4_620x465

画像:http://hitosara.com/0006054191/recommend.html

和知 徹(わち とうる)氏プロフィール

マルディグラ オーナーシェフ

誕生:1967年

出身:兵庫県淡路島

学歴:高校卒業後に辻調理師専門学校に入学
翌年、同校のフランス校で半年間の研修に

職歴:ブルゴーニュの一つ星レストランに就業
帰国後“レストランひらまつ入社

 

在職中にパリ「ヴィヴァロワ」で研修し、帰国後はひらまつ系列の飯倉「アポリネール」の料理長に就任。

 

退職後の96年、銀座「グレープガンボ」でオープン時から3年間、料理長を務める。

スポンサーリンク

2001年に自身の店「マルディ グラ」をオープン。

 

フランス料理にとどまらず、世界各国の料理を独自のフィルターに通した「和知料理」に定評がある。

 

特に肉料理のスペシャリストとして、雑誌、テレビ等の取材、セミナーも多数こなすほか、カフェのメニュープロデュースも手掛ける。

 

毎年、テーマを決めた旅に出て、そこでの経験を料理にフィードバックするのがライフワーク。無類の本と音楽好き。

 

本書では器もすべて私物を使い、セルフスタイリングしている。

本と音楽を愛するひつじ年生まれの48歳。

【マルディ・グラ】

東京都中央区銀座8-6-19
野田屋ビル B1F

18:00~23:00L.O 24:00CLOSE 日曜休

03-5568-0222

http://hitosara.com/0006054191/

お値段が気になる?

●『尾崎牛モモ肉のイパネマステーキ』

ブラジル・イパネマ海岸で味わったステーキをヒントに考案。フェイジョアーダ風の丹波の黒豆も美味。
3900円

●『イベリコホットドッグ』

自家製のイベリコ豚のソーセージを使った新作。特注のパンもまた、こだわり抜いた逸品だ。

2850円

料理メニュー

http://hitosara.com/0006054191/food.html

人気の秘密は?

1998年以来、年に数回敢行している“肉旅”にある南米、トルコ、ヨーロッパ…訪れた国は20か国以上。

 

各国の料理に彼の感性が加わったオリジナル肉料理が次々と誕生しているのだ。

シェフ曰く「素材の良さを引き出して、それ以外の余計なものは引き算していくんです」。

 

言葉では簡単に聞こえますが、それこそが素材選びから妥協のないシェフの信念。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。