高橋博之(食べる通信)の経歴や高校と大学は?東北食べる通信とは?

高橋博之さんは2011年(平成23年)9月11日震災後の岩手県知事選に挑戦し落選してから、

 

生産者を取材した「食」の情報誌と、
生産者が作った食材をセットにして読者に送る
「東北食べる通信」とは。

 

月に一回発行される情報誌で、「東北各地のこだわりの生産者たち」を紹介しています。

特徴的なのは、その生産者の生産物が、情報誌とセットになって読者に届くという点。

 

月額2580円です。

 

FacebookなどのSNSなどを通じて、読者と生産者が直接交流を図ることもでき、

つくる人と食べる人をつなぐ”ことができる情報誌なんです。

 

現在は全国30の地域で発行され、読者は1万人を突破してます、

これまでにない、全く新たな手法で生産者と消費者をつなぎ、

地方を元気にする若き仕掛け人なのです。

スポンサーリンク

消費者は、生産者と直接つながることで、
食の安心・安全を確保できる。

 

最近はスーパーよりも値段が高くても
産直コーナーで生産者の名前を見て買い物
する方が多いです。

 

あそこの000さんの作った野菜は無農薬で
手間隙かけて美味しいの。

 

お米でも000さんの田んぼは手入れが良く
毎年美味しいお米ができるから、今年も
注文しょう。

 

タマゴの安売りもありますが子供のアレルギー
や薬を使ってより多くのタマゴを生ませたり

 

健康を考えたら3倍もするタマゴを買っている
方も最近は多いです。

 

最近は色んな道の駅で見かける000さんの放し飼いのタマゴなどの品物があるので、

遠方からも買いにきている方がおります、

それは食べて見て食卓に安全・新鮮なので来ているのです。

そんな高橋博之さんの経歴や高校と大学は?東北食べる通信など調べて見ました。

 

 

%e9%ab%98%e6%a9%8b%e5%8d%9a%e4%b9%8b%e6%b0%8f_thumb

画像:http://www.ganken.jp/hirano/2012/06/30-091614.html

高橋博之(たはかし・ひろゆき)さんの経歴

職業:ポケットマルシェCEO ・東北食べる通信編集長 ・日本食べる通信リーグ代表

誕生:1974年生まれ

年齢:45歳(2019年)

出身地:岩手県花巻市

学歴:県立花巻北高、

   青山学院大経済学部卒

 

略歴

1999年衆院議員秘書

NPO法人 東北開墾代表理事

日本食べる通信リーグ代表理事

株式会社kakaxi 代表取締役社長CEO

Nippon Taberu TIMES 編集長

 

 

東北食べる通信はこちら

独自の哲学でおいしい食べものを作り続ける東北各地のスペシャリストたち。

毎月1回、彼らにクローズアップした特集記事とともに、彼らが収穫した食べものをセットでお届けします。

価格:2,580円(税・送料込み)/月

https://taberu.me/subscribe/tohoku/

「東北食べる通信」を創刊したのが5年前のことだ、農家や漁師などの生産者を取材した情報誌に、野菜や海産物の“おまけ”が付く。情報誌の題材である生産者が収穫した食べ物が毎月届く異例のスタイルが耳目を集めたのです。

スポンサーリンク

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

だから、ぼくは農家をスターにする 『食べる通信』の挑戦 [ 高橋博之 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2019/2/13時点)

楽天で購入

 

 

 

最後に

情報誌と食べ物が届くのもいいですね
私も申し込みます、東北頑張れ!!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ なつぞら

NHK朝ドラ なつぞら

NHK連続テレビ小説「なつぞら」奥原なつ(広瀬すず)の
実在モデルはだれなのか?

NHK大河ドラマいだてん

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

忍者