角田千佳(家事代行)の経歴や出身大学は?ICTの新しい形

角田千佳さんの株式会社エニタイムは家事代行だが
新たなビジネスを発明した今注目の起業家です。

 

掃除、

英会話のレッスン、

犬の散歩、

家具の組み立てなど、

困りごとを手軽に解決したいし
余った時間を有効活用して収入を得たい。

スポンサーリンク

そんな個人間の仕事をマッチングするコミュニティサービス

ICTを使った新しい形の地域互助関係。

※海外では、ITよりICTのほうが一般的

 

「自分が得意なこと」を、
インターネットを通じて
モノを売買するのと同じように

 

気軽に提供し合える
オンラインマーケットプレイスです。

 

言い換えれば、「サービス」を
個人同士が気軽に売買できる
マーケットプレイスです。

 

ビジネスモデルとしての未知なる可能性に、
企業や投資家から3億円以上の資金が集まった。

 

24時間を足りないと思う人もいれば長いと思っている人もいる。

そんな両者が双方にwinになれるサービスだ。

 

2014年10月より、法人向けの福利厚生サービス
「エニタイムズ for Office」の提供が始まっており、これからどれだけサービスが拡大するのか注目だ。

 

 

155f817c0c4eeb8def30a90671035049

画像:http://jonetu-ceo.com/2014/08/22629/

角田千佳(つのだ ちか)さんプロフィール

エニタイムズ 代表取締役

スポンサーリンク

生年月日 : 1985年5月1日 (31歳)

出身地 : 東京都

卒業大学 : 慶應義塾大学

職歴:

2008年4月 野村證券株式会社

2010年10月 株式会社サイバーエージェント PRプランナー

2013年5月 株式会社エニタイムズ 代表取締役

経歴

角田千佳さんは小学生のときからバレエを始めており又、中学校と高校時代は「創作ダンス」をし。

大学でも「チアダンス」をしています
子どもの頃は男子よりも足が速く、
スポーツが大好きな子どもだたそうです。

起業のきっかけは

角田さん自身、多忙な会社員時代に一人暮らしであったため、

人の助けを必要とし、よく便利屋に依頼していたという

これが事業アイデアのヒントになったそうです。

しかし、

便利屋さんを調べるわけですけど、
いろいろオプションが付いて最終的に高くなるんですよね。

なぜこんなに高いんだろう?と思って、
HPをよく見るとフランチャイズ
だったりするんです。

初期費用で加盟金が200万円くらいかかって、
仕事が成約するごとに親会社に20%の

マージンを取られるといった仕組みですから、その値段設定になるのも仕方がない。

でも、実際にお願いしていることというと、
難しい家具の組み立てや家具の移動だったりして、
普通の大学生でもできることなんですよね。

そうしたちょっとした作業でお金を稼ぎたい
人がたくさんいるはずだと考えたことが
きっかけになりましたね

最後に

自分も便利屋さんに頼んだことありますが、
仕事の種類+日当とか30分きて日当5000円

日当が高かったです。

角田千佳さんの結婚なども調べましたが
まだ独身のようですが、かわいい方なので
???

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。