乾燥肌対策顔が気になる男性!3タイプのケア方法は?

特に冬は顔の乾燥が気になりますが
なぜか、顔は体に比べて皮膚が薄く、
常に外気に触れているため、乾燥しやすい。

 

女性は見てますよ

男性にも肌タイプがあるのしってますか!

スポンサーリンク

男性の肌のタイプには、『脂性(あぶらしょう)肌・乾燥肌・混合肌』の3タイプがあります。

 

そのタイプによってケアの方法も違いますし
肌の弱い人・強い人によってもちがいます。

 

分りやすいのは「ひげそり」などもあるでしょう
敏感肌タイプや俺はふつうの石鹸でも大丈夫
と言う方など肌にも色々あるわけです。

 

 

a4fa46977fffbefaf1fd48b687846d0d

画像:http://n-coozy.com/skin-type-check-1709

●脂性(あぶらしょう)肌

脂性肌は、男性にもっとも多く、20代に男性ホルモンに促進され、皮脂の分泌が盛んになり、テカリやすいのが特徴です。

脂性肌の原因は、体質以外に間違った・不摂生・などでも起こります。

★脂性肌がなりやすい肌は

赤ら顔・キメが粗い・テカリ・ニキビ・毛穴の詰まり・くすみなど。

●乾燥肌

水分量が少なくなり肌がカサつきやすいのが特徴で
健康な人の肌表面の水分量が約30%と言われてます。

乾燥肌タイプは20%に満たない人もおります。
皮脂が少ない分、肌のバリア機能が低下していて、
外的な刺激によって起こりやすくなります。

特に年配の方に多く体質のほか、あやまった洗やスキンケアが原因になります。

★乾燥肌のなりやすい肌

肌が過度に乾燥すると、それをバリアしようと
過剰に皮脂が分泌します。

そのため肌の水分量が少ないままだと、皮脂も分泌し続け、

毛穴の詰まりやニキビの原因になります。

●混合肌

混合肌とはあまり聞かないが、ようするに
顔に脂性肌と乾燥肌がある方。

ほお・目もと・口もとはカサつく

ひたい・鼻・あごは皮脂が多い

部分によって肌質が違うのです。

★混合肌がなりやすい肌

皮脂が多い部分(テカリ・ニキビ・毛穴の詰まり)

乾燥した部分(ニキビ・かゆみ・ひび割れ・シワ・シミ)

スポンサーリンク

 

年齢によっても肌は変わってきます、中学校の
時はあぶらぎってませんでしたか、

しかし30代40代50代には混合肌・乾燥肌の傾きやすく
なります。

 

20代の肌対策は

洗顔後の保湿、これはスキンケアの基本中の基本です
それはニキビなどオイリー肌の方は洗顔を強くしてしまったり、

保湿はあまり必要ないと思いがちです。

 

ところが肌が洗顔によって必要以上に脂質を取ってしまうと

肌から余計に脂が分泌されてしまいます。

 

オイリー肌の方も適度に保湿することが大切なのです。

大人ニキビに悩んでいる方はこれに加えてビタミンC配合化粧水など

専用のメンズコスメを使用する。

 

ニキビの原因となるアクネ菌を減少させる専用の化粧水なども効果的です。

人によって化粧品は合うあわないがありますので、有名どころの化粧品をいくつか

使用してみましょう。

 

30代の肌対策は

洗顔を行うと、顔から汚れを落とすことができますが

、同時に顔に必要な分の皮脂まで落としてしまい、
洗顔したての肌は非常に乾燥しています。

 

乾燥したままだと、水分を補うために皮脂が余分に
分泌されてしまい、脂っぽい肌になってしまいます。

 

適度な水分を補給してあげて、保湿してあげる必要があります。

化粧水を使い、乾燥しやすい頬やあご、額、鼻な
ど顔全体に化粧水をなじませます。

 

面倒でも化粧水で保湿した後は、肌に合わせた
美容液を使い、肌にしっかりと栄養を補給してあげます。

 

重要なのは目元の肌は老化しやすいのでアイクリームなどでしっかり

ケアしてあげる必要があります。

 

40代の肌対策は

40代になると肌の保湿成分はそれまでの加工曲線を
覆すほどガクッと落ちてしまいます、

 

肌のカサカサ感・乾きを感じるとうに成ってきたら
実行しましょう。

 

40代の男性に不足している成分はずばり「保湿成分」です。

「不足成分の補給」が化粧品を使用する最大の目的でもあります。

 

効果のある保湿成分

①セラミド

②スフィンゴリピッド(スフィンゴ脂質)

③アミノ酸類

ドラックストアなどで相談できます、ほうって
おきますと50代は肌荒れやシミ・シワ等の
肌の老化が進みます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。