節分そばを食べる理由とは?食べる地域はどこ?

スポンサーリンク
イベント

節分は年間に4回あるの知ってますか
立春・立夏・立秋・立冬の、
それぞれ前日という決まりがあります。

 

節分は2月でしょう、そんなの聞いた
ことないし?

 

しかし、節分とは「季節を分ける」ことをも
意味していること。

江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の
前日を指す場合が多くなってきました。

 

豆知識としておぼえておくのも鼻高さん

節分に恵方巻きの大流行、コンビニ業界の
販促活動によるところが大きいと言われています。

 

「恵方巻き」は、もともと「節分の巻き寿司」や
「幸運巻き寿司」と呼ばれていました。
その後、丸ごとかじることから「丸かぶり寿司」とも呼ばれるようになります。
「恵方巻き」という名前は、先にある平成元(1989)年のセブン-イレブンでの発売で、初めて登場します。
当時、節分巻き寿司を販売したのは広島県内のセブン-イレブンでした。
その店舗の個人オーナーが節分巻き寿司を、大阪の「縁起のいい風習」として紹介し商品名を「恵方巻」としたのです。
その後、節分巻き寿司は恵方巻きとして定着し現在では、オーソドックスなものからアレンジ商品まで
多彩な展開を見せるようになっています。

res_topNenmatuSoba2013_lv3_00

画像:http://www.princehotels.co.jp/sapporo/plan/spc/new…

スポンサーリンク

節分にそばを食べる理由とは?

節分のひとつである「立春」は
昔は1年の始まりの日
とされていました。

 

節分そばは今でいう「年越しそば」

なのです。

 

節分や大晦日など「新年を迎える前日」におそばを

食べるようになったの?

 

昔、江戸時代特に商家では月末におそばを
食べる習慣がありました。

 

商家にとって月末は集金や棚卸しなどで忙しく
食事の支度ができないので、いつしか手軽に
できるそばの出前をとることが定着し、これを

 

晦日蕎麦(みそかそば)

と呼んでいました。

 

残業で皆さんお腹がすいていますから
軽く消化の良いそばを出したのでしょう。

 

旧正月と立春は同じ「新年の始まり」
なのです。

 

節分蕎麦を食べる地域は?

そば所で有名な地域の

・信州

・出雲地方

今でも節分蕎麦を食べる風習が残っています。

 

たぶんこの地域だけだと思われます、
所変われば風習も違って当たり前です。

 

疑問はそばは夜食べる決まりとかあるのか

節分の日ならいつ食べてもいいそうです、
皆さんの健康の節分そばなので
家族みんなそろって食べましょう。

タイトルとURLをコピーしました