寺尾玄バルミューダ社長で炊飯器を土鍋に!開発者の唐澤明のこだわり!

バルミューダは2003年に東京で設立されたクリエティブと
テクノロジーの会社です。

 

唐澤明(バルミューダ)さんは開発担当者で、
家電ベンチャー、バルミューダ(東京都武蔵野市)
社長は寺尾玄氏です。

 

これまで2015年に売り出したトースターが大ヒット。
寺尾玄社長はこれまで、「売りたいのはトースターではなく、
美味しいトーストを食べるという体験」

スポンサーリンク

「消費者はモノにカネを払うのではなく、体験にカネを
払う」などと話し、「モノからコト」への
消費者心理を巧みにすくい上げてきた。

 

そして、「土鍋よりおいしいご飯を実現せよ」
寺尾社長が言い放った。

 

しかし土鍋よりおいしいご飯とは、これ以上無いのでは
しかし寺尾社長も自宅ではずっと土鍋でご飯を炊いて
いたという。

 

開発陣への注文は「土鍋よりおいしいご飯を
実現すること」の一言?

 

そこで唐澤明さんたちの開発チームは商品化まで
18カ月を費やした。同社の製品の中で最も長い
期間をかけ、試行錯誤を繰り返してきたという。

 

唐澤明さんたちは

主力商品の炊き方はIH(電磁調理器)によって
内釜を発熱させたうえ、発生した水蒸気を

閉じ込めて高圧にし、沸点を高める「圧力IH式」が多い。

また内釜には発熱性が高い素材を使った分厚い
ものが主流となっている。

 

これに対し、バルミューダの炊飯器は蒸気で
炊き上げる方式を採用した。

 

内釜を直に熱するのではなく、釜を二重にして、
釜と釜の間に200ccの水を入れ、

 

その沸いた水から出る蒸気によって内釜を熱くし、
コメを炊く仕組みだ。

 

圧力IH式は内部の温度が110度程度まで高まるが、
バルミューダ製は100度を超えないように設計した。

スポンサーリンク

 

「煮物を沸騰した中で調理すると煮崩れするように、
コメも沸騰する中で炊くと崩れてしまう」
(開発を担当した唐澤明人氏)からだ。

 

これによって、張りのある、食感の良いご飯が炊ける
ようになったという。

ただしタイマーこそ付いているが、保温機能はない。

 

 

 

terao02

画像:http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/terao_gen…

寺尾玄(てらだ げん)社長のプロフィール

役職:バルミューダ代表取締役社長

生年月日:1973年7月25日

出身地:茨城県龍ケ崎市

サイズ:身長・176cm/体重・67kg

職業:実業家

家族:お子さん2人の4人暮らし

実家は

洋蘭を育てる茨城県の農家に生まれた寺尾さん。

父親は農家の経営者で、母親はフラワーコーディネーターだったそうです。

寺尾さんは17歳の時に高校を中退し
地中海沿岸の国々を放浪し、日本に帰国後は
バンド活動を始めています。

1999年に結成したバンド名は「Beach Fighters」
音楽活動は9年間で解散。

 

2001年にモノ作りをこころざした寺尾玄さんは、

独学で設計や製造を学んで行きます。

 

2003年にはバルミューダを設立。

2010年には扇風機業界に旋風を巻き起こしたといわれるGreen Fanを発表

2014年10月 無印良品と共同開発した空気清浄機を発表

最後に

良い商品はデザインもすばらしいし使って見たいとおもいますが

お値段が高め、簡単には手が出ませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。