はしまきの地域や発祥はどこ?関東はどんどん焼き!

『はしまき』て何?

中国・九州地方ではお祭りの定番だというが、
地域によっては分からない人が多い。

スポンサーリンク

『はしまき』とはなんぞうや、

『はしまき』とはお好み焼きを箸に巻いた食べ物で、
正確に言えば「お好み焼きの箸巻き」ということに
なる。

 

発祥はどこなのか

九州発祥らしいですが四国や中国地方には
浸透している。

 

しかし大阪では浸透していないし、まして関東は
存在が分かりません。

 

大阪より西の地方のお祭りの屋台で主に
見られるみたいですね。

 

34ccdad1b1c1ccc52b905b8e27b6e41bd44767a6.86.2.3.2

画像:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1210005264/

スポンサーリンク

簡単おいしい「はしまき」レシピ

 

調べてみると、東北など多くの地域では、
このような形状のものを『どんどん焼き』と
呼んでいるようだ。

 

また場所によって、『くるくるお好み焼き』(仙台)、
『はしまき』(西日本)といった名称があるという」

 

●岩手県:どんどん焼き

薄焼き

●仙台:どんどん焼き

お好み焼き

くるくるお好み焼き

●山形県内陸部:どんどん焼き

●埼玉県北部:フライ

●富山県東部:どんどん焼き

●大阪府以西:はしまき

どんどん焼きとは、小麦粉を主体とした焼き物料理、
大正時代から昭和10年代にかけて、
東京を中心に流行した軽食だった。

地域が変われば呼び名も違ってきますし、

あんこを乗せる地域もあるそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。