西川 廣人(日産)社長の経歴や高校と大学は?なぜ交代に?

日産自動車は4月1日付でカルロス・ゴーン社長
(62)が社長と最高経営責任者を退くと発表。

 

しかし代表権のある会長は続ける、
社長には副会長の西川 廣人に決定した。

 

西川 廣人社長は単独で最高経営責任者(CEO)
を努める。

スポンサーリンク

そんな西川 廣人社長の経歴や出身校など調べて
見ました。

 

71

画像:http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/711240.ht…

西川 廣人(さいかわ ひろと)社長の経歴

誕生日:1953年11月14日 生 63歳

出身校:開成高校卒業

    東京大学経済学部経済学科卒業

 

開成高校は中高一貫教育を提供する私立男子中学校・高等学校である。

長年東京大学合格者数が日本一であることで
知られる学校である。

1学年の7割程度が東大・早慶に進学している 、

 

職歴:

1977年4月:日産自動車株式会社入社

1999年7月:欧州日産会社

2000年4月:日産自動車株式会社 購買企画部 次長

2000年10月:同社購買企画部 部長

2001年4月:ルノーニッサンパーチェシングオーガニゼーション
エグゼクティブ ゼネラル マネジャー

2003年4月:日産自動車株式会社 常務執行役員

2005年4月:同社副社長

2005年6月:同社副社長、取締役

2011年6月:同社代表取締役、副社長

2013年4月:同社代表取締役、副社長、チーフ コンペティティブ オフィサー

2014年1月:同社代表取締役、副社長、チーフ コンペティティブ オフィサー

スポンサーリンク

研究・開発、生産、SCM、購買、TCSX(トータル カスタマー サティスファクション ファンクション)、ソーシング ステアリング コミッティ、TdC競争力強化推進 担当

2014年4月:同社代表取締役、CCO

2015年6月:同社代表取締役、CCO、副会長

2016年11月:同社代表取締役、共同最高経営責任者、 副会長

2017年4月:同社代表取締役 社長

なぜ今交代になったのか?

カルロス・ゴーン社長は2001年6月から
日産の社長兼CEOを務めていた。

 

約16年の長期にわたり努めて着ましたが、
2016年12月には日産が出資した
三菱自動車の会長にも就任しました。

 

西川社長はゴーン氏が不在時の経営判断を
担うため共同でCEOに就いていたこと。

 

またゴーン氏は提携するフランス自動車大手ルノーのCEOも務めており、

今後、グループの連携強化などに集中するので、
西川社長にまかせたのではないでしょうか。

 

興味があるのは

カルロス・ゴーン社長は自身の2015年度の
員報酬が10億7100万円だと明らかにした。

 

2014年度の10億3500万円から3・5%増えたことで株主から

妥当なのか疑問の声も出ています。

 

フランスの自動車大手ルノーでも株主総会で批判
ゴーン氏報酬8億8千万円「高過ぎ」と株主の
54%が反対の意見がでています。

 

三菱自動車の会長にも就任しましたから、ここでも
高額報酬?

 

ゴーン氏の年収は約20億・・・!?

ちなみにトヨタ自動車社長の役員報酬が2億円台
ですから破格の報酬な訳です。

西川社長の報酬もどうなるか今後が気になります。

 

最後に

日産はゴーン氏のスター性で持っているところが
あることから。

後継者がどうなるかが心配なところもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。