矢野靖二ダイソー社長の経歴や年齢に大学は?新事業サステナブル「Standard Products」?

スポンサーリンク
矢野靖二ダイソー社長 企業の社長

矢野靖二(やの・せいじ)氏は株式会社大創産業 2代目代表取締役社長です。

「100円ショップ」と言えば王者ダイソーですが、コロナ禍にありながら過去最高の売り上げを達成した100円ショップ業界。

近年は100円のみならず200円や500円、さらには1000円にまで価格設定されている。

ダイソーが力を入れているのが、「サステナブル」な商品で、新業態「Standard Products」を展開し、

商品づくり店づくりともに従来とはまったく違うことに挑んでおります。

※サステナブルとは?

直訳すると“持続可能な”という意味です。 「維持できる」や「持ちこたえる」などを意味する形容詞ですが、近年では地球環境や経済システム、社会の文明の持続可能な発展のことを指して多く使われています。

国内のダイソー店舗は3620店舗(直営2820店舗 代理店800店舗)(2021年2月末現在)展開されている。

そんな矢野靖二社長の経歴や年齢に大学は?新事業サステナブル「Standard Products」?など調べて見ました。

関連サイト

京都みん100は消費者のアイデアをカタチにする会社!投稿方法や人気商品5種は?

 矢野靖二ダイソー社長

スポンサーリンク

矢野靖二(やの・せいじ)社長の経歴

役職:株式会社大創産業2代目社長

誕生日:1971年4月5日 生まれ(博丈氏の次男)

出身地:広島県東広島市出身

出身大学:吉備国際大社会卒

 

―職歴―

1995年4月 株式会社イズミ 入社

2015年4月 株式会社大創産業 入社

2016年 海外事業部 マネージャー 着任

2016年6月 取締役 就任

2016年11月 取締役副社長 就任

2018年3月 社長

 

大創産業(広島県東広島市)の代表取締役に矢野靖二氏(取締役副社長)が2018年3月1日付、就任した。

創業者の矢野博丈氏は代表取締役社長を退任し、代表権のない会長に就いた。

新事業サステナブル「Standard Products」!

100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業が新業態「Standard Products by DAISO(スタンダードプロダクツ バイダイソー)」に力を入れている。

300円の商品が7割を占め、最も高くて1000円(税別)。

大創産業・広報課課長の後藤晃一さんは言う。

「雑貨に関するSNSなどを見ていると、『収納』というキーワードがお客様に刺さっていると感じます。100円ショップ・ダイソーの商品でバズる物もやはり『収納術』に関するものが多い。

ダイソーが持っている既存の収納のノウハウを、Standard Productsではさらにデザイン性を上げて提案していければと思っています」(後藤さん)

Standard Productsのコンセプトは「ちょっといいのが、ずっといい」。

・国産の間伐材をリサイクル

・伝統技術にオーガニック素材も使用

・猫用トンネルなどペット関連商品も豊富

・キャンプに「推し活」

ネットではStandard Productsの商品は「無印良品っぽい」という声も多い。

Standard Productsの存在は、小売りのデフレ化や低価格帯雑貨ブランドのSDGsへの取り組みにも影響しそうだ。

最後に

ネット見ますと創価学会や韓国企業などありますが調べましたらまったく違います。

創価学会はのトップの「池田大作氏の『大』」と関係しているのではないかと噂になったのでした。

韓国や中国の会社というのもデマで格安=中国や韓国というイメージで噂が広まったようですが、根拠のない話です。

タイトルとURLをコピーしました