岸田文雄の夫人は裕子で経歴や大学に息子と英語力は?地元・広島の常連の飲食店「むさし」!

スポンサーリンク
岸田文雄 気になる情報

岸田 文雄(きしだ ・ふみお)氏は、第100代の総理大臣になられました。

宏池会(こうちかい)会長(第8代)です。

 

この宏池会は池田 勇人(いけだ ・はやと)元総理大臣
が作った自由民主党の派閥では最古参派閥である。

 

池田派→前尾派→大平派→鈴木派→宮沢派→加藤派→(堀内派が分裂)→

小里派→谷垣派→(堀内派を継いだ古賀派に合流・再統合)→岸田派.

の流れになっております。

宏池会は今まで

池田勇人、大平正芳,鈴木善幸,宮沢喜一の 4人の内閣総理大臣が輩出し派閥なのです。

 

最近の派閥の合併がありましたね麻生太郎副総理、山東昭子・元参院副議長、

佐藤勉・衆院議院運営委員長がが麻生はと新派閥になります。

 

新派閥は60人前後となる見通しで、額賀派を抜き、

安倍晋三元首相出身の細田派に次ぐ第2派閥となる。

 

今回の合流を、旧宮沢派(宏池会)の流れをくむ
岸田派と麻生派、谷垣グループが合流する

「大宏池会」構想の先駆けとしたい考えだ。

 

 

そんな岸田文雄氏の 夫人、 経歴、 息子、 英語
力など調べてみました。

岸田文雄

スポンサーリンク

岸田 文雄(きしだ・ ふみお)総理大臣の経歴

生年月日:1957年7月29日生まれ

出身地: 東京都渋谷区

出身大学:早稲田大学法学部卒業

出身中学校:千代田区立麹町中学校

出身高校:開成高等学校

 

職歴

日本長期信用銀行員

1987年衆議院議員岸田文武秘書

1993年初当選

選挙区:広島1区

当選回数:10回

 

小学校一年生から三年生まで、父の仕事の関係でニューヨークに居住していた。

2017年1月6日、外務大臣在職期間が大平正芳を超え、戦後の外務大臣としては歴代2位となっている。

 

親族:祖父・岸田正記(元衆議院議員)

父・岸田文武(元衆議院議員)

従兄弟・宮澤洋一(参議院議員)

代議士一家なのです。

 

岸田文雄氏の夫人裕子さんと子供は?

出身地:広島県

出身校:広島女学院卒

夫人の裕子さんは、広島県の三次開発興業株式会社という会社の代表者である和田邦二郎氏の長女です。

次期ファーストレディー 英語堪能な裕子夫人です。

岸田氏とは「見合い」で結婚した。

 

お子さんは3人で男の子だす、噂ではイケメン
だそうですが写真はありません。

 

長男・次男・三男

老親の写真を見ればどちらに似てもイケメンでしょう。

 

3人も男のこですから将来は岸田氏の後を継いでくれるでしょう。

岸田家は政治家の家系は選挙区の地盤を引き継がせるために政治家を引退するか、亡くなるかですから。

 

岸田氏が総理大臣になって終わった後の引退で
息子さんが出てくるかもしれませんね。

 

長男さんも今はどこかの大手の会社に勤務
してると思われます。

 

岸田氏の英語力が?

岸田氏が「無能だ」「英語力がない」とも言われています。

英語力はないようです小学生の頃にアメリカに
住んでいましたが、それは3年ほどなので無理
でしょう。

 

日常会話レベルなのでしょうか、
また大学も早稲田大学法学部ですから
ある程度は話せるのだとおもわれます。

 

しかし外務大臣だから英語が話せないからは
違うと思う、

 

そのために通訳が同行するのですから、
英語の間違った言葉を使うよりいいのでは。

 

あの田中 角榮氏は小学校しか出てないが、
衆議院議員(16期)、郵政大臣(第12代)、

大蔵大臣(第67・68・69代)、通商産業大臣
(第33代)、内閣総理大臣(第64・65代)等
を歴任しましたね。

 

こんなこともありました、

英語のできる宮沢喜一氏が、アメリカと大豆の交渉をしましたが、いっこうにまとまらなかったのに、

 

全く英語のできない田中角栄氏があっという間に
解決したというのもありました。

 

ですから英語力ではなく政治家力が強いのが
良いと私は思ってます。

 

岸田文雄総理大臣の地元・広島お気に入り飲食店「むさし」!

岸田文雄総理大臣が地元・広島に帰ってきた時によく訪れる、おむすびやうどんが人気の飲食店「むさし」

むすび むさし 本通店

HP:http://www.musubi-musashi.co.jp/

弁当、おにぎり、和食(その他)

住所:広島県 広島市中区 本通 4-15

電話番号:082-247-6341

営業時間:

11:00〜18:00 お弁当販売専門

日曜営業

定休日:水曜日

アクセス

広電本通駅より徒歩3分

タイトルとURLをコピーしました