岡崎慎司の脚の筋肉が丸太の理由は?2017の評価は?

プロサッカー選手の岡崎慎司(おかざき しんじ)、
日本代表歴代3位の得点数を誇るフォワードは

昨年イングランドに移籍。

数あるビッグクラブを次々と倒し、奇跡の優勝を
遂げた立役者だった岡崎選手だが、

 

今年は一転窮地に追い込まれる、日本代表でも
クラブでも、ポジションが約束されない崖っぷち。

スポンサーリンク

窮地 (きゅうち)とは
追い詰められて逃げ場のない苦しい状態や立ち場。

 

そんな岡崎選手がNHKプロフェッショナル仕事の流儀
心境を話すそうです。

 

ネット上では岡崎選手を見れば、ハゲ・増毛・
植毛・嫁・子供などでてきますが。

 

岡崎選手の脚が丸太のようになってます、
なぜ太くなったのか、トレーニングや、

2017年の評価など調べて見ました。

 

 

画像:http://cherry0704.com/post-1428/

岡崎慎司(おかざき しんじ)選手の経歴

職業:プロサッカー選手

出身:兵庫県宝塚市

生年月日:1986年4月16日

身長:174cm

体重:78kg

出身中学:三田市けやき台中学校

出身高校:滝川第二高校

家族:嫁の夢美さんと子ども男2人

岡崎慎司さんの母は元テニス選手で、インターハイで優勝しています。

 

岡崎慎司選手の脚が太い理由?

いくら敏捷性があってもすぐつぶされるようじゃまるで意味をなさない 。

 

欧州じゃちょっとやそっとの体当たりじゃ
ファール取ってもらえないから。

 

サッカー選手が速く走るときは、常にかかとを上げた状態ですよね。

 

ふくらはぎのバネを使って上手な選手は瞬発力が
高いのです。

 

フットワークをよくするためには、ふくらはぎに
特化したトレーニングが必要なわけです。

 

岡崎慎司選手が実践するトレーニングは

左膝を腰の高さまで上げます。
次に、右足をつま先立ちにしてください。

この体勢をキープしたまま、左へ一歩、右へ一歩…と左右にジャンプするのです。

8往復したら、反対側の左足でも左右に
ジャンプします。

瞬発力トレーニングのポイントは、つま先立ちしている足と背筋を曲げずに飛ぶこと。

膝を固定すると、ふくらはぎに焦点を絞って
トレーニングできます。

スポンサーリンク

膝用のサポーターを逆向きにつけると、膝を固定する感覚がつかみやすいでしょう。

サポーターがない場合は、きつめのパンツをはいて行うとよいかもしれません。

膝を伸ばして行うトレーニングで鍛えられるのは、ふくらはぎの上部にある腓腹筋です。

実際、岡崎慎司選手のふくらはぎを見ると
腓腹筋が大きく発達していることがわかります。

これこそが岡崎選手の瞬発力に源なのです。

瞬発力トレーニングで太もも強化

岡崎慎司選手が実践している瞬発力トレーニングに「ランジ」があります。

ランジは前に一歩大きく深く踏み込んで、元の姿勢に戻るというトレーニングです。

さっそく瞬発力トレーニングの方法を見てみましょう。

まずは足幅をコブシ1つ空けて立ちます。
ここから、左足を大きく前に一歩、踏み出してください。

このとき、左ひざの角度が90度になるまでしっかり踏み込みます。深く踏み込んだら、ここで元の位置に戻るのが通常です。

しかし、岡崎慎司選手はさらに右足を踏み出して、そのまま前に進みます。

前に10歩踏み出すのを1セットとして、瞬発力トレーニングでは3セット行うようにしましょう。

足を踏み込むときに左右にブレないようチェックしながら行います。

岡崎慎司選手の瞬発力トレーニングは、下半身のなかでもとくに太ももの筋肉を強化。

瞬発力とともに、しっかり止まるための
トレーニングにもなります。

 

岡崎慎司選手の2017年の評価は?

岡崎選手への評価は

「守備もできてゴールを量産できる」

というより、

「FWながら守備に強い」

の認識のほうが強いのだと言う。

 

チームがゴールを必要としたときに、
真っ先に交代を命じられてしまう岡崎選手。

 

それが「チームプレーヤー」としての
苦悩とも言えるのだ。

 

岡崎選手は、もっと信頼される選手になりたいし、
自らの立ち位置を少しずつでも変えていくしかない。

 

ハードルは高いですが、壁をぶち破ろうという
困難にくじけない強い意志・気性で岡崎選手は
向かっていきます。

岡崎選手はいかに存在感を示すかが重要になります。

 

最後に

瞬発力は遺伝子の影響を受けるそうです?

ジャマイカ国民のACTN3遺伝子を調べたところ、じつに全体の75%が瞬発力に優れた遺伝子を持っていた
データーがあります。

ジャマイカの4人に3人

日本は5人に1人

ジャマイカの4人に3人と比べて、圧倒的に少ないのでした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。