<美白めざす男性増加>化粧クリーム 日傘が人気 化粧品メーカー熱気

kaisha147215_pho01

男らしさの象徴だった褐色の肌ではなく、輝くような白い肌を

求める男性が増えている。

化粧品メーカーはこうした声に応えようと、美白化粧品やシミ

対策のクリームを相次いで発売し、ヒット商品に。

日焼けを防ぐ男性用日傘の売れ行きも好調だ。秋に入っても紫外線は

まだまだ強く、男性の美白を巡る商戦は、引き続き熱気を帯びている。

小林製薬は今年2月、シミ対策の化粧水とクリーム

「メンズケシミン」を発売。

40~50代を中心に人気を集め、発売5カ月で計3億円を

売り上げた。

元々「ケシミン」は女性向け商品だったが、同社の調査で男性の

購入者が8.5%いることが分かり、需要があると判断。

スポンサーリンク

ピンクのパッケージを、男性が手に取りやすいように黒色にして

発売したところ、予想を上回るヒットにつながった。

同社担当者は「若い頃に日焼けしてできたシミを消したいと

思っている男性は多い」と話す。

スポンサーリンク

若い世代が注目するのは美白化粧品だ。

男性用化粧品シリーズ「オキシー」の発売を2005年に始めた

ロート製薬は、12年から美白シリーズ「オキシーホワイト」

を展開。肌全体を明るくする化粧品で、高校生や大学生を

中心にヒットしている。

マンダムが12年に中学生~50代男性を対象に実施した

調査では、肌を白くしたい男性は15.4%に上り、

01年の調査時の3倍に達した。透明感のある肌を求める

男性も24.8%と01年より6ポイント上昇。

輝く白い肌を求める声に応えようと、同社は昨年2月、

「ギャツビー」から美白化粧水「薬用ホワイトクリアウォーター」

を発売した

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。