島袋司のフレンチレストランの場所は?師匠の三國清三とは?

島袋司しま(ぶくろ・つかさ)さんのレストランは沖縄にあります。

日本に極上の亜熱帯美食があるのです、
沖縄本島北部「やんばるの森」に生きる琉球
イノシシの味を受け継ぐ「アグー豚」や

 

「グルクン」や「ミーバイ」などのキレの良い白身魚といった極上の素材に、

マンゴー、パパイヤなどの果物やまた胡椒や
ハーブなどのスパイスがあります。

 

フレンチと沖縄食材のマリアージュで食通たちの間から密かに注
目をされているのが那覇市内でフランス料理店を営む島袋司さんだ

スポンサーリンク

 

なんと、沖縄料理界の大御所と言われた父の
仕事に憧れ、

若い頃には東京の名店「オテル・ドゥ・ミク
ニ」で日本フレンチ界の巨匠、三國清三さんのもと
厳しい修業を積んだ島袋司さん、

 

島袋司さんがラトリエで作るお料理は、
地元沖縄の食材で作るため、

 

自らの足で県内の農家のものを訪ね
なんと畑まで見学する徹底ぶりです。

 

そんな島袋司さんのプロフィールや師匠の
三國清三さんなど調べれてみました。

 

画像:http://www.mbs.jp/jounetsu/2017/08_20.shtml

島袋 司(ぶくろつかさ)さんのプロフィール

職業:レストランシェフ

誕生:1976年(41歳)

出身地:沖縄県那覇市

学歴:沖縄調理師学校卒業

家族:妻と3人のお子さん

 

沖縄調理師学校卒業後は上京し、
三國清三さんのお店である、

 

四谷の「オテルドゥミクニ」にて
7年間修行しました。

 

地元沖縄に戻り、
2008年に「フレンチレストラン ラトリエ」をオープンしました。

フレンチレストラン ラトリエの場所は

住所  :那覇市上之屋1-10-3エレガンスコーポフェリーチェ2F

電話番号:098-862-8167

定休日 :月曜日

営業時間:18:00~23:00(L.O)22:00

駐車場 :近隣のコインパーキング(割引券有)

●天久より国道58号線沿いを泊方面に向かい、

上之屋バス停約数10メートル先左手エレガンスコーポフェリーチェビル2階

予算:5000円~8000円コース

8000円~10000円コース

10000円~コース

席数:22席(個室 無し)

貸切:可能

店内完全禁煙(テラスに喫煙場所あり)

スポンサーリンク

■ディナーデートにおすすめ

大切な人とのデートには、シェフが作り出す
フレンチ×お酒で

☆コースは3800円からの4種類があります。

■大切な記念日に

シャンパンとシャンパンに合わせた季節の
フルコース、さらにケーキも付いています
お二人様で20000円。

■琉球ガラスコース

全ての器を琉球ガラスでご
記念日、接待等にもご活用できます。

前菜からデザートまで、すべて琉球ガラス。

1日1組4名様限定。要前日予約。

■贈答用「お食事券」

5千円、1万円、1万5千円の3つの価格が
あります、母の日や父の日などお祝いに利用
できます。

 

オテル・ドゥ・ミクニの三國清三さん

1954年 北海道増毛町に生まれる。

1969年
15歳で料理人を志し、札幌グランドホテルにて修業を始める。

その後、帝国ホテルに移り修業を続ける。

1974年
帝国ホテル村上料理長の推薦により、
20歳で駐スイス日本大使館の料理長に就任する。

4年間の大使館勤務のかたわら、現代フランス料理界の天才料理人

フレディ・ジラルデ氏に師事する。

 

大使館退任後も、彼のもとで2年間の修業を積む。

その後、トロワグロ、オーベルジュ・ドゥ・リィル、ロアジス、アラン・シャペル等の

三ツ星レストランにて修業。

1983年
本に帰国する。

1985年
ビストロ・サカナザのシェフを経て、東京・四ッ谷に“オテル・ドゥ・ミクニ”を開店する。

 

2000年の九州・沖縄サミットで総料理長務め、

2015年には日本人で初のフランスの最高勲章と言われる、

「レジオン・ドヌール勲章シュバリエ」を授与されました。

日本だけではなく世界でも認められたフレンチの巨匠です。

 

島袋司さん7年間の修行

オテルドゥミクニ」での7年間の修行していますが、

三國清三さんの指導がそれはそれは厳しかったようで、

島袋司さんはなんと3回逃げ出している。

 

最終的には魚担当のメインシェフ
ポワソニエとして認められました。

 

魚料理は自信があるでしょう。

最後に

三國清三さんの指導は相当厳しかったようで、
3回も逃げ出しているが、

3回もまた受けているのは素質があったからでしょうね。

また3回ももどる島袋さんも三國さんの
すごい技術をマスターしたかったのでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。