栗原菜緒ナオランジェリーの経歴や高校と大学に彼氏は?店舗や購入は?

栗原菜緒(くりはらなお)さんはランジェリーデザイナーで
NAO LINGERIE(ナオランジェリー)のオーナーです。

 

今は、大手百貨店から出店依頼が絶えないほどの業界では有名な方。

 

栗原さんが下着のとりこになったのは中学生の時だそうで。

下着姿の自分を見て、下着は素の自分をきれいに見せてく
れるものだと感じたそうです。

スポンサーリンク

しかしまだランジェリーの世界に入るとは
思ってなく、

学習院大学で政治学を専攻し在学中にアメリカのオレゴン大に留学、

日米関係史を学んだが、アメリカでの生活から「日本の地位をもっと上げなくてはいけない」と痛感し、外交官の道を目指し外務省にアルバイトで入ってます。

 

外務省からランジェリーの世界にはいった
経緯やプロフィールや経歴にお店はなど
調べてみました。

 

画像:http://www.netasagashi.com/blog/kurihara/

栗原菜緒(くりはらなお)さんプロフィール

誕生日:1984年2月11日 33歳

出身地:東京都出身

出身高校:国府台女子学院高等部卒

出身大学:学習院大学卒
     在学中にアメリカ留学

前職:外務省勤務・出版社勤務・コンサルティング会社勤務を経て・

下着ショップアルバイト

 

会社経営:2012年にデザイナー兼経営者として自身の下着ブラン

ドNAO LINGERIE(ナオランジェリー)を立ち上げ、東京・銀座に

完全予約制のサロンをオープンする。

 

メイド・イン・ジャパンに拘った品質、機能性を兼ね備えたデザインが注目を集め、

全国の大手百貨店から出店依頼が殺到している。

経歴

栗原菜緒さんは学習院大学在学中に政治学を
専攻してます、

スポンサーリンク

アメリカのオレゴン大学に留学しました。

オレゴン大学では日米関係史をまなんで
米国での日本の認識や違いを痛感した。

 

帰国後は学習院大学卒業後は外務省でアルバイトでした。

しかしアルバイトながら国と国との国際問題を目の当たりにし、

国同士の関係性を変えるのは難しいと進路を
変更する。

 

外務省の仕事は環境の違いは大いにあるでしょうから、

改めて大変な部署だと分かりました。

 

栗原菜緒さんは29歳の時にランジェリーデザイナー兼経営者、

高級下着を提供するお店、

NAO LINGRIER ナオランジェリーを
立ち上げたのです。

 

栗原菜緒さんの彼氏は?

調べましたが結婚はしてませんが、

彼氏はいたそうでプロポーズも受け手いたそうですが、断ったみたいですね。

ブログより

 

お付き合いしていた男性が、結婚しようと言ってくれたタイミングでもあった。

ストレスのないように好きなお仕事を好きな時間だけしたらいい。

こんな良い男性、何故逃したのだろうか、
今でも不思議で仕方ない。

と書いてます。

 

彼氏より仕事を優先したのでしょうが、
後悔してるようです。

 

学習院大学出て社長ですから良いパートナー
がいるかもしれませんよ。

 

NAO LINGRIER ナオランジェリーのサロンは

サロン住所:東京都中央区銀座8-6-1 5階

価格は

ブラジャーが15,600円~17,800円。

ショーツやタンガが4,800円~5,800円。

完全ご予約制

電話予約

050-3698-0868

ご予約フォーム

ナオランジェリー

取り扱い店舗

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。