2018年賀はがき1月7日夜投函も52円?喪中ハガキの料金は?

スポンサーリンク

日本郵便は今年の6月1日から「通常はがき」を現在の52円から

10円引き上げて62円に成りました。
しかし「年賀はがき」は期間を限って52円のままで
するそうです。
12月15日から翌年1月7日の間
<img src=”https://etutorend.com/wp-content/uploads/2017/09/2018-003-203×300.jpg” alt=”” width=”203″ height=”300″ class=”alignnone size-medium wp-image-8559″ />

画像:http://nenga-illust.com/nengajo-003

1月7日夜投函も52円?

忘れていて1月7日夜投函の年賀はがきの値段は
どうなるのか、
回収は次の日になりますから52円で良いのか?
1月8日の最初の取り集めまでに郵便ポストに投函されたものについては、

年賀はがきの料金(52円)が適用されます。

 

私製はがきはどうなる?

私製はがきも52円で差し出すことができますか?
12月15日から翌年1月7日の間に、

投函されたものは年賀はがきと同じです

しかし

「年賀」の文字が朱記されていない場合は、
一般の通常はがき料金(62円)が適用となります。
かならす「年賀」の文字が朱記で出してください。

喪中はがきの料金は?

喪中はがきとして差し出されるものについては、
通常はがきと同じ62円です。

スポンサーリンク

喪中はがきはいつまでに出せばいいのか?

喪中はがきの正式名称は、
「年賀欠礼の挨拶状」と言います。
1年以内に身内に不幸があり、年賀状が出せなく
なったことをお知らせすることですが、
いつまでに出すのがマナーとして良いかです、
11月下旬~12月上旬までに、

相手に届くように出すのがベストですね。
しかし年の瀬、12月ごろに不幸があった場合は
年明けにでも
「寒中見舞い」とし
年賀の欠礼の内容を書き送ります、はがきは通常の
はがき62円を使用します。
喪中とするのは
「父、母、子供」

「兄弟、姉妹」

「夫、妻の父母(義父、義母)」
その他は喪中にするかは個人の判断で良いと思います。
私製の喪中はがきは郵便局では売ってません、
コンビニなどで売ってます。
切手は喪中用の切手がありますから、郵便局などで
買えます。

手作り年賀はがきのサイズ・重さは

最大サイズ=15.4~10.7cm

最小サイズ=14.0~9cm
重さ=2g~6g

最後に

なぜ郵便はがきだけ値上げなのか、封書は黒字の収支を保っているのに対し、

郵便はがきは年間で300億円近い赤字と言う。
若年層の年賀はがきの発信通数の減少もあります。
日本郵便は値上げの理由として人件費の高騰と郵便物取扱量の減少を挙げています。
また人件費を押し上げているのは意外にもダイレクトメールで使われる

圧着はがきが大きいようです。
特殊な糊でラミネートされた郵便はがきは押印機や区分機の中での誤作動が

多いようで、その処理にかなりの人的コストがかかってしまっている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。