高岡浩三(ネスレ)のプロフィールや大学は人生42歳とは?

高岡浩三 (たかおか こうぞう)ネスレ日本
の社長として活躍している。

 

1866年にスイスで創業し、その後ネスレ・アングロ・
スイス煉乳会社として事業活動、

 

そして1913年に横浜に日本支店を開設
されたのです。

スポンサーリンク

日本での創業から104年なります。

コーヒーの「ネスカフェ」、チョコレート菓子の「キットカット」などで

名前が知られております。

 

大企業ネスレの中でもひときわ業績を伸ばしているのが日本の現地法人

「ネスレ日本」なのです。

 

日本人初の生え抜き社長の高岡浩三氏
インスタントコーヒー「ネスカフェ」、

チョコレート菓子「キットカット」、家庭用インスタントコーヒーマシン

「ネスカフェ バリスタ」、ペットフード「フリスキー」等

で拡大しています。

 

そんな高岡浩三社長のプロフィール 、出身高校、出身大学など調べて見ました。

 


画像:https://mainichi.jp/articles/20170606/ddm/008/020/…

高岡浩三 (たかおか こうぞう)社長のプロフィール

役職:ネスレ日本 代表取締役社長兼CEO

誕生日:1960年3月30日

出身地:大阪府松原市生まれ

出身高校:大阪府立生野高等学校

出身大学:神戸大学経営学部

経歴

1983年ネスレ日本株式会社に入社し営業本部東京支店配属。

1999年 ネスレコンフェクショナリー株式会社プロジェクトディレクターに就任。

スポンサーリンク

2001年ネスレコンフェクショナリー株式会社マーケティング本部長に就任。

2005年ネスレコンフェクショナリー株式会社代表取締役社長に就任。

2010年1月1日 ネスレ日本株式会社代表取締役副社長飲料事業本部長に就任。

2011年11月1日ネスレ日本株式会社代表取締役社長兼CEOに就任。

 

人生の締め切りは42歳

高岡浩三社長の父親は11歳の時に亡くなっている、

また祖父も42歳で亡くなっており、

 

高岡家の長男は42歳で死ぬ運命なのでは
ないかと考えていた。

 

このときに人生の締め切りは42歳になった訳で、

ゴールに最短距離で到達するには、どのようなアプローチをするべきか、

 

人が2、3年でやることをその半分や
3分の1でやりたい。

 

そしてネスレに就職しますが同級生は
外資系会社を嫌い高岡社長だけだったそうです。

 

時代が企業も成長路線の一途にあったから
変わった選択をして成功したのです。

 

キットカット宣伝費用がゼロ?

九州のスーパーから、キットカットが

「きっと勝つよ」

という言葉に似ており、受験生が験担ぎに使っているという情報を聞き、

まずは受験生が利用するビジネスホテルに
サンプルを配布した。

 

受験生の口コミで評判が伝わり宣伝費用がゼロにもかかわらず、

キャンペーンの効果が定着したのです。

 

宣伝費用がゼロで売り上げが伸びる
利益がでることになる。

最後に

おなじみのネスカフェアンバサダーも
たった20円でおいしいコーヒーが飲める、

缶コーヒーより安く飲めるしおいしい、
現在は全国にネスレ日本は、2020年までにこれを50万人に

拡大する目標を持っているそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。