堀昭(ホリホールディングス)のプロフィールや大学と戦略は?

ホリホールディングスの堀 昭(ほり あきら)社長は
北海道のテッパンお菓子で、

お中元ギフトで13年連続1位を獲得している
「夕張メロンピュアゼリー」でおなじみです。

 

人口1万7000人の小さな田舎町から発信する
、親子の絆が生んだ「感動の菓子づくり」

北海道の魅力にこだわり続け人気で売り上げも
100億円を超えております。

スポンサーリンク

「夕張メロンピュアゼリー」でおなじみですが、
「シュークリーム」や「北海道開拓おかき」なども人気です。

 

そんな堀 昭(ほり あきら)社長の
プロフィールや出身大学、戦略など調べて見ました。

 

画像:http://www.zaikaisapporo.co.jp/interview/%E7%88%B6…

堀 昭(ほり あきら)社長のプロフィール

役職:ホリホールディングス代表取締役社長

株式会社 北菓楼代表取締役社長

誕生:1953年

出身地:北海道砂川市

出身校:東北薬科大卒

趣味:トランペット演奏、スキューバダイビング、スキー

家族:妻と子3人

職歴:

1975年武田薬品工業入社

1981年堀製菓に入社し、翌年ホリを設立

1991年北菓楼を設立

2007年ホリ・北菓楼の社長に就任

北菓楼

砂川本店、小樽本館、新千歳空港店、札幌市内の百貨店、

札幌本館など道内に9店舗を展開

 

ホリや農業法人を含むグループの売上高は
100億の企業。

スポンサーリンク

 

堀 昭社長は3人兄弟の末っ子として生まれる、
父・貞雄さん(1998年死去)している。

会社を継いだのは2番の兄と堀社長です、

 

長男は厚生省(当時)に入り

次男は外資系の製薬会社に

堀社長は武田薬品工業に

 

堀社長が28歳の時に2番目の兄と
家業を継いだ。

 

父が苦労してつくった菓子店をなくしたくないという思いがあり、

次兄と相談して菓子作りをやっていくことにした。

 

2010年兄で会長の均が亡くなってます。

堀 昭社長の戦略は?

今の工場をもっとレベルアップしたいと思っています。

包装や段ボールへの箱詰めなどの単純作業や、負担がかかる工程が工場内にはまだあります。

ロボットを3台購入して、そういった工程を
置き換えます。

そうすることで、たとえば腱鞘炎になるとか、腰が痛くなるとか、

社員の負担を減らすことができます。

働きやすい現場にして、その代わりに1年でも長く勤めてもらいたい。

今、当社には78歳の現役社員がいます。

とにかくまじめでみんなが信頼している人です。

社員には60歳で一度定年になった後も、
70歳まで勤めてくださいと言っているんです。

いよいよ退職する時には「この会社に勤めて良かった」と思ってもらえたらいい。

それが会社にとって一番の勲章だと私は思っています。

最近は「海外進出しないのか」と聞かれます。でも私はそれより、社員をもっともっと育てていきたい。

社員を育てることで、もっと強い会社にしていくのが私の思いです。

最後に

こんな社長さんばかりだと良いのですが、
年よりは早く辞めてくださいのところが

多いですから若い方も安心で仕事が出来る
職場環境は一番です。

78歳の現役社員もおられる、体が動けば
働けるしボケないし最高ではないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。