杉本和隆(整形外科医)はヒザの名医!プロフィールに病院は?

杉本和隆(すぎもとかずたか)先生は、
「人工関節」の移植手術ではヒザの名医
として知られております。

 

現在は5人に1人が抱えるヒザの痛み関節痛、
歩くのが困難で寝たきりになってしまう、

高齢者だけでなくスポーツ選手にも多い。

スポンサーリンク

相撲の横綱白鵬の膝の治療した先生で
マスコミにも紹介されました。

 

杉本和隆先生は全国屈指の手術件数を誇り、
年間1500件の手術をおこなう。

 

日本人に合わせた人工関節の開発にも
携わってきた人工関節の移植手術のエキスパートなのです。

 

そんな杉本和隆先生のプロフィールや病院など
調べて見ました。

 

杉本和隆(すぎもとかずたか)先生プロフィール

職業:苑田会人工関節センター病院 院長

出身地:静岡県

趣味:子供と遊ぶ、ゴルフ

座右の銘:天の時、地の利、人の和

略歴

1995年日本大学医学部卒業

1995年日本大学整形外科入局

2000年日本大学整形外科学教室助手

2000年川口市立医療センター
駿河台日大病院整形外科

2003年独立行政法人国立災害医療センター

2003年NYの権威Dr.Triaに最少侵襲手術Minimam Invasive Surgeryを師事する

2006年苑田会人工関節 スポーツセンター長
杉本再生医療研究所 院長 就任

2010年苑田会人工関節センター病院 院長 就任

一般社団法人人工関節を語る若手研究会理事長

2015年一般社団法人国際医療協力センター顧問

2016年首都大学東京 客員教授

2017年九州医療スポーツ専門学校 顧問

医療連携ネットワーク協会 理事長

苑田会人工関節センター病院株式会社タフリーインターナショナル診療連携ネットワーク協会すぎもり整形外科クリニック

スポンサーリンク

 

杉本和隆先生は祖父・父・叔父も医者の家系
に生まれています。

杉本和隆先生は幼少のころは「いたずらっ子」
だったそうで好奇心がおうせいな少年だった。

エピソード

・カエルを洗濯機に入れたら目が回るのか?

・レストランでテーブルクロスを引いたらお皿はどうなるのだろう?

・シャワーを浴びているおじいちゃんの背中におしっこをかけたら気づくのであろうか?

こんなことを実践していたそうです、
思わず笑ってしまいました。

中学と高校は「不良」でやんちゃしていた、
しかし日本大学医学部に入っているので
勉強は出来たのでしょうね。

日本大学医学部入学したが、バブルまっただ中で、青年実業家に憧れ1年を棒に振そうですが、
20歳で新たに、医療への道を突き進むことに。

現在はヒザの名医として活躍しています。

苑田会人工関節センター病院の場所は?

住所:東京都足立区保木間1-21-10

電話番号:TEL 03-5831-1811(代)

アクセス:東武スカイツリーライン
竹の塚駅東口 徒歩17分

苑田会人工関節センター病院サイト

杉本和隆オフィシャルサイト

 

最後に

 

杉本和隆先生はスポーツ整形の第一人者として、東京ヴェルディ-1969チームドクター、

相撲力士、プロボクサー、キックボクサー、
総合格闘技、プロゴルファー、体操選手、

バレーダンサー、バトミントン、高校大学スポーツ部などに渡り治療、サポート。

数多くの一流選手から信頼を得ています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。