室井麻希はH&MのPRマネージャー経歴や出身大学に旦那と子供は?モデルの経験も?

スポンサーリンク
特集・ドキュメント

室井麻希さんはH&M(エイチ・アンド・エム)の
PRマネージャーですが、

なんと今の会社にはヘッドハンティングで
「H&M」に入社された方です。

 

外資系ですから当たり前なのですが、
ヘッドハンティングはかっこいいですね。

実力も無ければヘッドハンティングしないでしょうから。

外資系ファスト・ファッションブランド H&Mですが、

世界69カ国で約4000店を展開する
世界的ブランドの会社です。

 

第一線で活躍しイベントや海外出張などで
半年先の予定も埋まってしまうほど多忙な
室井さんですが、

 

2歳児のお子さんがおり、家事・育児・
仕事の追われながらも、旦那さんとの
時間は大切にしている。

 

すごい方ですね文句も言わず旦那さんとの
時間を大切にする。

 

旦那さんのサポートもかなりあるでしょうが、
そんな室井麻希さんの経歴や出身大学に旦那と子供は?モデルの経験も?など調べて見ました。

 

スポンサーリンク

室井麻希(むろい・まき)さんの経歴

役職:外資系ファスト・ファッションブランド H&MのPRマネージャー

出身地:宮城県出身

誕生日:1980年生まれ

出身大学:国際基督教大学(カナダ留学を経験)

既婚:夫・お子さん

得意:英語

職歴:

外資系の広告代理店

2008年 PEACH JOHNに転職(下着ブランド)

2011年 外資系ファスト・ファッションブランド H&M

(ヘッドハンティング)現在

 

 

中学校時代から学級委員などで勉強が中心で、
ファッションにはまだ興味がなかった。

夢は「国連に入りたい」

そこで選んだ大学が「ICU国際基督教大学」だったのです。

 

室井さんは海外で働くことを夢見て「ICU国際基督教大学」に入学しカナダ留学を経験してます。

国際基督教大学(こくさいきりすときょうだいがく)は東京都三鷹市にある。

秋篠宮家の次女・佳子さまが学習院大学を中退
し入った大学ですね。

 

室井さんは国連に入るには最低でも大学院に
行くことが必須条件なのですが、

 

卒業後に外資系の広告代理店で戦略プランニングという部署に配属され、3年間勤務し会社を退職します。

 

2008年にアジア進出に力を入れていた
下着ブランド PEACH JOHNに転職。

 

2011年にヘッドハンティングで「H&M」の
現職に就いています。

 

モデル経験とは?

室井さんは「どうしてもアジアの国で暮らしてみたい!」と広告代理店を3年で退職し、

 

単身香港へ渡っており、そのときに3年間
モデルの仕事をしています。

 

単純にモデルの仕事でいろんな国に行ける、
アジアでは日本人のモデルが流行っていた
こともあったが、

 

室井さんは学生時代にモデルをしていたことも
ありモデルの仕事を選んだ。

3年間は香港、シンガポールや台湾に住んだりしていて、そこでファッション業界にどっぷり浸かった生活が

 

室井麻希さんの旦那さんや子供は?

旦那さんとの運命の出会いは香港に住んでいたときだそうです。

室井麻希さんが30歳で、夕弥さんが33歳の2010年に結婚されている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MAKI MUROI 室井麻希(@lovelymakirin)がシェアした投稿

室井麻希さんの旦那さんは、モデルの工藤夕弥さんです。

プロフィール

名前: 工藤夕弥(くどう ゆうや)

生年月日: 12月28日生まれ
出身地: 北海道
身長: 182cm

特技: 広東語、サッカー

元は香港でモデルをされていましたが、現在は日本で活動されているようです。

お子さんは男の子です。

 

H&Mジャパン社長のクリスティン・エドマンさん

社長のクリスティン・エドマン氏は二児のワーキングマザーで、

定時の18時になると『みんな帰りなさい』ってオフィスをパトロールし始めるので、絶対に帰らないといけないそうです。

 

それは、管理職の72%は女性が占めている会社なのです。

したがって保育園のお迎えもできるのです。

 

最後に

外資系ですから日本の企業では考えられない
ですね、残業が当たり前は改善されておりますが

もっと子育てママが活躍できる職場が
増えると良いのですが?

タイトルとURLをコピーしました