米代恭(漫画家)のプロフィールや高校に大学は?アシスタントは誰?

米代恭(よねしろ きょう)さんは漫画家で
月刊!スピリッツ「あげくの果てのカノン」
で若者に人気の恋愛漫画です。

 

米代恭さんは恋愛から遠いのに恋愛漫画を描いているといってます。

不倫×SFという、ありえそうでありえなかった斬新なとりあわせが話題に、

 

重厚な世界観と、ストーカー気質メンヘラ女子の痛すぎる恋を、
たぐいまれなる想像力で描く、

 

漫画家・米代恭さんのプロフィールや大学や年齢、彼氏など調べて見ました。

 

画像:https://cakes.mu/creators/1114

米代恭(よねしろ きょう)さんプロフィール

職業:漫画家

誕生:1991年

年齢:25歳

出身地:東京都

出身高校:都立大泉桜高等学校 卒業

大学:美術大学中退

スポンサーリンク

米代恭さんは幼い頃から絵を描くのが好きでいつしか漫画家に成りたい夢があった。

美大在学中に描いた漫画がアフタヌーン四季賞で佳作を受賞します。

 

その後に美術大学を中退し、

 

西島大介・さやわか主催の「ひらめきマンガ学校」一期生。

2012年に受賞作『いつかのあの子』で短編デビュー。

 

2012年WEBマガジンにて『おとこのこおんなのこ』

(『ふぞろいの空の下』を改題)で長編デビューを果たす。

 

2015年からSF×不倫をテーマにした

『あげくの果てのカノン』

を月刊スピリッツで連載中。

 

重厚な世界観と斬新なストーリーが人気を集め、単行本は売り切れ続出してしまう人気。

11月10日に第4巻が発売されています。

 

出身高校は都立大泉桜高等学校 3期卒業

高校在学中の部活は

現代視覚文化研究会(アニメや漫画)

現在は130名が在籍している大所帯に
なってます。

 

卒業が3期とは新しい学校なのかと
調べましたら、

 

都立大泉桜高等学校は、平成17年4月に東京都立大泉北高等学校と

東京都立大泉学園高等学校が発展的に統合され、大泉北高等学校の敷地に

校舎を一部改修して開校した高校でした。

 

学校訪問

平成29年5月26日(金)

スポンサーリンク

『おとこのこおんなのこ』『あげくの果てのカノン』『僕は犬』等の原作者である
米代 恭さんが本校を訪れました。
本校の3期卒業生です。

また、米代さんのアシスタントを務める和田朋子さんも一緒に来校されました。
和田さんも3期卒業生です。米代さんとは同じクラスメイトです。
アシスタントをする傍ら、ご自分でも漫画家として制作活動をされています。

漫画家という職業に興味のある20人以上の生徒が
お二人の話を興味深く聞きました。
漫画家になるために、高校で頑張っておくことや、心構えをはじめ
漫画家になって嬉しかったことや、辛かったことなど、
いろいろなお話が伺えました。

米代恭さんのアシスタントは?

米代さんのアシスタントを務める和田朋子さん
も同じ都立大泉桜高等学校 3期卒業でした。

 

和田朋子さんも2006年に

GOKIらいだー 小学館
ビッグコミックスピリッツ
第181回スピリッツ賞を受賞している方でした。

 

米代恭さんはイラストの仕事も!

漫画だけでなくイラストの仕事もしており

最後に

米代恭さんは

恋愛は「すごく尊くて美しいもの」であり、

「すごく気持ち悪くて、不健全なもの」でもある。

気持ちの悪い恋愛を全力でしてもいいじゃないか!と言いたい。

恋愛するのに冷静ぶってどうするの?

恋愛は日常の中にある一番異常で、一番身近なものなのかな?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。