落合陽一の父母親も有名人で筑波大学長補佐! 結婚と食生活がヤバイ?

落合陽一さんは「現代の魔法使い」と呼ばれる
異能の科学者で脚光をあびている。

 

「着る音楽」20ものスピーカーを実装した革ジャン

「超音波を使って空中に描く絵画」
触ることが出来る光

 

などITを活用して「誰も見たことのない」
装置やアートを次々と開発している、

スポンサーリンク

2015年、28歳の若さで世界最先端の研究者を選ぶ米・ワールドテクノロジーアワードを、青色発光ダイオードの中村修二さん以来日本人として2人目に受賞。

 

現在は30歳にして筑波大学学長補佐、助教を務めながら、

コンピュータとアナログなテクノロジーを組み合わせた視覚的作品やAIを使った研究開発で様々な企業とコラボレーションする会社の代表を務めている。

 

今話題の人工知能社会に近い将来、
人間は7~8割もの仕事を機械に奪われ機械に管理されると予測されています。

 

落合さんははそれを真っ向から否定しています。

そんな落合陽一さんの両親や大学に結婚や
名前の由来とは何かなど調べて見ました。

 

画像:https://www.news-postseven.com/archives/20170313_4…

落合陽一(おちあい よういち)さんプロフィール

職業:科学者

生年月日:1987年9月16日  30歳

出身地:東京都港区六本木生まれ

出身高校:開成高校卒業

出身大学:筑波大学情報学群情報メディア創成学類卒業

東京大学大学院学際情報学府博士課程修了

役職

日本学術振興会特別研究員

筑波大学図書館情報メディア系助教

筑波大学学長補佐

大阪芸術大学客員教授

デジタルハリウッド大学客員教授

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社CEO

 

父親・母親は?

・父親は国際ジャーナリスト・作家の落合信彦氏

・母親は音楽プロデューサー

・叔父は空手家(和真流宗家)の落合秀彦

 

3歳の頃に電話の存在が不思議でたまらず、
家にある4台の電話を全部分解した、

スポンサーリンク

両親に叱られたという。

 

開成中学時代は数学の偏差値が99で「神童」と呼ばれていた。

開成高等学校は中高一貫校で男子校を
卒業後、筑波大学を経て東京大学大学院修了のちに飛び級で博士号を取得した。

 

東京大学には2回も受験で失敗している。

 

2015年「米・ワールドテクノロジーアワード」ITハードウェア部門始め、

その研究や作品に対して世界的な賞を多数受賞。

 

名前の由来や嫁と子供は?

名前の由来はプラス(陽)とマイナス(一)と
されたので、小さな頃から電気が好きに成ってしまったのか?

家族は嫁と子供の3人

嫁さんは1歳年上ですから31歳になります。
学生時代から交際していた一般女性。

結婚は2016年7月企業家イベントで手伝いをしてくれた

ボランティアスタッフをしていた。

落合陽一さんの食生活がヤバイ?

睡眠時間は一日平均4時間だそうで、
研究に没頭し始めると主食は

「お菓子のグミやガム」

になる(眠くなるので)という、

その他に

「カップ麺は湯ナシ」

「コーヒー豆はそのままボリボリ」

「カレーライスはライスなし」

で食べてしまうという。

 

将来の有望視されている若き科学者の食生活
ヤバイと思いませんか?

 

この中であったのはカレーライスはライスなし
くらいですね。

最後に

落合陽一さんの研究はスゴイというか、
理解は出来ていません、

「3D映像」を具現化、指先で「つんつん」触れると映像の形が変化。

1000兆分の1秒だけ持続する 高周波レーザーパルスを発射するフェムト秒レーザー技術。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者