桜林直子はクッキー屋さんで離婚原因は?仕事より 子供?お店はどこ?

ギフトで大人気のクッキー屋さん
「SAC about cookies」のオーナー桜林直子さん。

 

桜林直子さんはシングルマザーとしてクッキー屋
さんをしてますが、

元々はクッキー屋さんなんて、やりたくなかったと話しています。

スポンサーリンク

なんでクッキー屋さんを始めたか?

①お菓子をクッキーにしたのも、常温で保存がきくとか場所を取らないとか、

一気にたくさんつくれるとか、効率の良さから考えて選んだ。

 

②つくる技術もケーキやパンに比べて難しくない。

③お菓子をつくりたい子はたくさんいるから、その子たちを雇える仕組みをつくる。

④オンラインで販売しているのは、実店舗を運営する大変さを知っていた。

 

桜林直子さんは、時間、休み、お金は絶対欲しいと思ったから、だったらどういうふうに実現できるかなって考えて、辿り着いたのがクッキー屋だった。

 

皆思うことですが、出来ないのが当たり前で仕事を
してますよね、

時間もあり休みもあり、お金が入って来るのでしたらいいことだらけです、

 

それを実現したのが桜林直子さんなのです、
名前はオーナーですがクッキーは作ってない。

 

理想を現実にした桜林直子さんのプロフィールや離婚の理由

、仕事より子供?お店はどこ?など調べて見ました。

 

画像:http://motokurashi.com/our-learning-sacchan/201609…

結婚した旦那と離婚理由は?

現在は離婚して子供が1人いるシングルマザーとしても活躍中です。

結婚して23歳の時に子供ができたが、
結婚して旦那さんとは別に喧嘩をしたり
することはなかったそうですが、

スポンサーリンク

 

「こんな家庭をつくりたい」という目標も
なかったため、自然に離婚する流れに
なったといいます。

 

あまりにも簡単すぎてビックリしました、
結婚する前に考えるものなのでは
ないでしょうか?

 

桜林直子さんプロフィール

職業:クッキーショップオーナー

誕生:1978年生まれ

年齢:2017年  38歳

出身地:東京都出身

出身校:製菓の専門学校卒業

勤務歴:都内のチョコレート会社に11年勤務

販売、企画、人事、経理、商品管理、広報、
営業などの経験を経て

2011年に独立し渋谷区の富ヶ谷に

“笑うように、踊るように、旅するように”が
コンセプトのクッキー屋さん

「SAC about cookies」をオープン。

その他に飲食店のアドバイザーとしても活躍中。

子供:中学3年生の娘、茜子さん現在15歳

あーちんは「ほぼ日刊イトイ新聞」で連載をもつ
イラストレーター。

仕事より子供?

茜子さんことあーちんは「ほぼ日刊イトイ新聞」
は糸井重里が毎日書くエッセイのようなものだが
イラストレーターなのです。

 

「子どもは親とは別人格のひとりの人」として考え、

家族というチームの一員として、

小さい頃から少しずつ役割を増やしてきたという
桜林さん。

まるで姉妹のような仲良し母娘の日常や、子どもの好きを見つけて

伸ばすコツも必見です!

 

スケートや旅行などに一緒に行って遊ぶことも多いし、

子供が大人になってからだと遊んでくれなくなるから、

今のうちに子供とガッツリ遊んでおきたいとのこと。

 

 

SAC about cookiesのお店と通販は

SAC about cookies

東京都渋谷区富ヶ谷2‐17‐12 1F

営業時間:11:00~19:00
定休日:日曜日、第2・第3月曜日

通販サイトはこちら

http://sac-about-cookies.com

小田急代々木公園駅 徒歩12分

最後に

子供の好きなことをとことん伸ばすというのを信条にしていて、

娘がやりたいことは徹底的にやらせる、

桜林さんの、そんな子育て術をマネしようと多くの女性から

絶大な支持を得ています。

シングルマザーは理想のことですが、みんなが
こんな風に出来ないのが現状じゃ無いでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。