岡田贊三(飛騨産業)の経歴や大学は?ドクターキツツキとは?

家具業界の異端児といわれる「飛騨産業」岡田贊三(おかだ さんぞう)社長の、常識にとらわれない経営手腕を発揮している。

 

一般の家庭では家具を買うのはニトリ・イケア・
東京インテリア家具などがお手ごろ価格で
利用しております。

 

岡田贊三社長は一時は輸入家具の台頭により借金が膨らみ、
廃業寸前に追い込まれるも、

 

次々に改革を断行、売上高を就任直後の2倍となる
50億円にまで復活させたのです。

 

そんな岡田贊三社長の経歴や大学にドクターキツツキとは?
など調べて見ました。

 

画像:http://hanjohanjo.jp/article/img/2016/11/02/6680/3…

岡田 贊三(おかだ さんぞう)社長の経歴

役職:飛騨産業 社長

生年月日:1943年7月25日

出身地:岐阜県高山市生まれ

出身大学:立命館大学経営学部卒

スポンサーリンク

職歴

株式会社富士屋代表取締役社長

株式会社バロー代表取締役副社長

2000年に飛騨産業株式会社代表取締役社長に就任

飛騨高山グリーンヒート合同会社 代表取締役会長

(協)飛騨木工連合会理事長

(社)国際家具振興会理事

飛騨杉研究開発共同組合代表理事

 

飛騨産業株式会社の社長になったきっかけは、
当時は監査役でしたが経営は厳しい状況で、

 

前社長が心労で倒れてしまいますが後継者が
いない状態で従業員もおり、

 

そこで監査役だった岡田氏が社長を引き受けた
のです。

 

そこで改革を実施し14年で売り上げを2倍の
50億までにした、

 

岡田社長の目標は2020年まで100億を
目指しています。

 

現在は若手育成を目的とした飛騨職人学舎の設立や記憶に

スポンサーリンク

新しい伊勢志摩サミットで使用されたテーブルの製作もしてます。

 

岡田社長の改革とは?

●従来は廃棄されていた木の節を使った「森のことば」シリーズ

●家具には不向きとされていた国産杉を圧縮加工して使用した「HIDA」シリーズ

●トヨタ生産方式を取り入れた生産体制の大幅見直し

●柳宗理やエンツォ・マーリといった国内外の有名デザイナーとのコラボレーション

●椅子とテーブルだけでなく、寝室やキッチン、フローリングなど生活そのものをトータルで提案できる商品開発を進める

●海外事業部の立ち上げ
日本の木製家具は海外では高級家具の位置づけで、富裕層がターゲット

ターゲットは中国、韓国、台湾

飛騨産業は福井県のマルイチセーリング、岐阜県のシラカワなど5つの事業者と提携し、

アメリカへの販路拡大を目指している。

ドクターキツツキとは?

飛騨産業の修理専門の部署

「Dr.kitutuki (ドクターキツツキ)」

の部署があります。

 

年間で全国から3500件も依頼があるそうです。

修理できる家具は飛騨産業が製造した製品に限る。

 

飛騨産業の製品であればどんな状態の家具でも修理が可能です。

黒と黄色のキツツキマークのステッカーが貼ってあれば綺麗に

リストアすることが可能です。

家具の修理サイト

最後に

気になった前職の

株式会社富士屋代表取締役社長

株式会社バロー代表取締役副社長

株式会社富士屋

富士屋は焼津市を中心に藤枝市・静岡市に計8店舗を展開する生鮮食品を中心とした食品スーパーマーケットです。

株式会社バロー

岐阜県のスーパーマーケットを中核に、ホームセンター、ドラッグストア、スポーツクラブを展開

どちらも小売業の改革や改善をしてきたのでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。