小松志保は美人で奥鬼怒温泉ホテル加仁湯の若女将!夫や子供に 温泉場所はどこ?

ホテル加仁湯の若女将で小松 志保(こまつ・しほ)さんは

連続雪崩から奇跡の生還、

雪崩に巻き込まれて子ども4人と一緒に車ごと埋もれ
58時間閉じ込められたが、見事生還した美人女将なのです。

救出されたのは、同市川俣の旅館「加仁湯(かにゆ)」の
小松志保さんと長男・長女・
前橋市から来た親類の小学生の女児2人。

スポンサーリンク

3晩も雪の中で過ごし、かまくらを作って救助隊が届けたストーブや

毛布で暖を取り、救出を待って救助されたのです。

助かって良かったですが3晩も雪の中で過ごす
のは怖かったと思います。

自然災害なのですが九死に一生とはこのことです。

画像:

小松 志保(こまつ・しほ)さんの家族は?

2019年度の年齢は

夫の小松輝久社長 54歳

妻の小松 志保さん 34歳(夫とは20歳の差があります)

長男 12歳

長女 14歳

小松 志保さんを調べていますと2003年に群馬県立桐生西高等学校を卒業

されちるので、出身地は群馬県です。

小松 志保さんは結構旅館のために活躍しています。

2010年9月19日放送であった
テレビ東京の日曜ビッグバラエティ

「美人女将のど自慢」

北は北海道から南は九州まで、全国の人気温泉地を代表する旅館の

「美しすぎる女将」が東京に大集結。

そして、自慢の歌声を、約25組の女将さんが余すことなく披露。

演歌から、ポップス、フォーク、ムード歌謡や民謡まで、あらゆるジャンルの曲をうたった番組にも出てました。

2017年10月4日

日光市観光協会の湯西川・川俣・奥鬼怒支部は東武浅草駅前で、

秋冬の誘客拡大に向けたキャンペーン
「高原大根1千本プレゼント」を行った。

参加した女将・若女将の中に小松志保さん(加仁湯温泉)の名前がありました。

栃木県奥鬼怒温泉ホテル加仁湯の場所は?

住所:栃木県日光市川俣871

TEL:0288-96-0311

FAX:0288-96-0927

奥鬼怒温泉 加仁湯ホームページ

http://www.naf.co.jp/kaniyu/

アクセス

東武浅草駅→奥鬼怒温泉駅→日光市営バス(川俣・女夫渕温泉行き・終点)

「加仁湯」は、日光国立公園の特別保護地区に位置する秘 湯の一軒宿。

5つの泉質が異なる源泉があり、そのうちの4つがにごり湯です。

こちらの温泉はすべての湯船が源泉かけ流しです、

スポンサーリンク

しかも泉質が異なる5本の源泉から、
こんこんと湯が湧いている温泉が自慢の旅館なのです。

内湯もありますが、露天風呂はまた格別でその日の 気温などによってにごり方や色が変わり、まさに生きた温泉が楽しめます。

宿はとても人気がある、

「女性セブン」や「OZMALL」などの雑誌の他、

テレビの旅番組にも時々取り上げられていました。

奥鬼怒温泉ホテル加仁湯の口こみは?

温泉を満喫
温泉目的で宿泊しました。女夫淵駐車場に車を止めて加仁湯の送迎バスで30分くらいで到着です。12時のバスに乗りました。バスは1/3くらいの乗車率でした。案内をしてくれるスタッフがいました。
女性専用は内湯と露天風呂が一つずつ。ほかは混浴です。1~2人しかつかれないような小さな湯船が10カ所ほど。貸し切り風呂(無料、予約制)も3人では窮屈です。3月末でしたが、雪が降り、雪見風呂が楽しめました。
混浴なので女性はバスタオルを巻いて入れます。
食事はきのこ、山菜、川魚中心の和食で、朝食もセットメニューです。
9時のバスで帰りました。2台のバスが満席でした。
八丁の湯に行きたいというと長靴を貸してくれ、100円引きのチケットがありました。

露天風呂が多い宿
山中なので山菜や川魚がメインの食事。なのでヘルシーさを求める方にはいいでしょう。露天風呂の多さが売りの宿で、自然の中でボーッとしたい方には向いています。私はできませんでしたが、他の方の口コミにあるように、0あれこれアドベンチャー体験できそうです。

温泉サイコー
いつ来ても、飽きない温泉です。
露天風呂が沢山あり満足しました。

貸切露天風呂はこじんまりして
お得感があります。

歩いて10分の八丁の湯も泉質が違った
いいお湯でした。

高原の涼しさの中での温泉三昧 加仁湯
ここ加仁湯は海抜1300メートルから1400メートルの高山にある温泉である。
ということは、首都圏が35℃の猛暑であっても、200メートルで1℃気温が下がることから、1400メートルで約7℃気温が下がり、28℃となる。
夏場、老人は熱中症を避けるために宿に着いたら、すぐにクーラーを探す。ここ加仁湯の部屋に案内されたら、すぐにクーラーを探した。エアコンがあるが、冷房の設定ができない。一時はパニックになった。
しかし、実際には体感温度は25℃前後であり、涼しい。
老人は早起きである。いつもの通り、午前4時頃起床し、加仁湯から八丁の湯まで散歩した。Tシャツ一枚だけでは肌寒く長袖が必要である。空には虫をとっている小鳥が飛び交いうるさいくらいである。
加仁湯は24時間入浴可能なかけ流し温泉である。朝に女性専用湯を除き、すべての温泉を制覇した。混浴温泉にも入浴した。ここの温泉は美人の湯と呼ばれているが、美人の女性は一人もおらず、いるのはアブばかりである。アブとの混浴温泉である。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ なつぞら

NHK朝ドラ なつぞら

NHK連続テレビ小説「なつぞら」奥原なつ(広瀬すず)の
実在モデルはだれなのか?

NHK大河ドラマいだてん

NHK朝ドラ スカーレット

NHK朝ドラ スカーレット

NHK朝の連続ドラマ小説スカーレット川原喜美子(戸田恵梨香)のモデルは神山清子さんの半生

忍者