諸藤貴志はアグリメディア社長で経歴や大学は? シェア畑の口コミは?

諸藤貴志(もろふじ たかし)社長は遊休農地・耕作放棄地として
放置されていた農地が、

 

市民農園に活用されることで、消費者・地主双方に価値を生む
土地に生まれ変わらせる会社。

農園体験に関心を持つ層の増加がある。

スポンサーリンク

都市部では、子育て世代に入ったポスト
団塊ジュニアや、

60代以上のアクティブシニアがとりわけ強い関心を示している。

 

子どもに農園体験をさせたり、余暇の時間を土いじりに使おうとしたりする人が、

相対的に増えているのだ。

 

新しい企画として諸藤 社長が前勤務していた
住友不動産と連携し、

 

農園利用権付きマンションを開発するなど、
耕作放棄地・遊休農地の新しい活用方法で話題を呼んだ。

 

そんな諸藤 社長のプロフィールや経歴、大学、シェア畑の

口コミなど調べて見ました。

 

画像:http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/2015…

諸藤 貴志(もろふじ たかし)社長のプロフィール

役職:アグリメディア社長

誕生:1979年

年齢:38歳(2017年)

出身地:福岡県

出身高校:福岡県立明善高校

出身大学:九州大学経済学部卒業後

兄:エス・エム・エス創業者の諸藤周平氏

職歴

住友不動産

2011年株式会社アグリメディア創業。

2012年サポート付きの市民農園「シェア畑」をスタートさせた。

2017年4月には農業分野に特化した人材事業を運営する

アグリ・コミュニティを子会社化。

 

サポート付市民農園「シェア畑」

日本各地で急増する「耕作放棄地」、「遊休農地」をリメイクし、

都市住民が利用するサポート付き農園「シェア畑」を展開しています。

 

「シェア畑」は、全国70ヶ所14万㎡となり、
1万5千人以上の方が利用しておりいまでも拡大を続けています。

 

手ぶらで畑に行けるということで最近大人気です。

シェア畑は値段だけ見れば、市民農園と比べると高いです。

 

市民農園が年間8000円~1万ちょっとで借りられる。

スポンサーリンク

シェア畑では一ヶ月でこの値段です。
(借りる畑の場所と規模で大きく変わってきます。)

 

シェア畑が高い理由は

種・苗・農業に必要なものはすべて無料で使える(手ぶらで行ける)。

各農園に水場・トイレが付いているので汚れても大丈夫。

菜園アドバイザーが居て無料で野菜の育て方を相談できる。

シェア畑の口コミ

最後に

手ぶらでいけるしアドバイスもあり、無農薬
野菜が食べれる、

自分で育て野菜は特に美味しく感じますね。

まだ田舎では荒れ放題の畑はいっぱい目にします、これから地方でも出来るといいですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。