小田 真琴マンガ研究家のプロフィールや大学は?本職や年収は?

小田 真琴(おだ まこと)さんは業界では
有名な漫画研究家ですが、

 

女性かと思いましたが男性でそれも女子漫画
の研究家なのですが、

 

女子漫画と少女漫画は違うそうで定義とはどんなもの?

●少女漫画→主人公が学生で読者も学生向け

●女性漫画→社会人が主人公で、読者も社会人向け

スポンサーリンク

じゃレディースコミックは?

あくまでも成人女性むきの漫画であります。

とありますが線引きは微妙だそうです。

 

しかし気になるのは漫画研究家の仕事
やプロフィール、大学、結婚など調べて
見ました。

 

画像:https://www.athome.co.jp/vox/series/house/31860/

小田真琴(おだ まこと)さんのプロフィール

職業:漫画研究家

誕生:1977年

年齢:40歳(2017年現在)

出身地:東京都世田谷区

出身大学:2000年早稲田大学、政治経済学部卒

趣味:マンガ、料理、お菓子作り

特技:深爪

 

大学卒業後はライターとして執筆を続けていたようですが、

一部情報では元会計士ではなどもありますが、
確認は出来ませんでした。

 

2010年頃に現在の自宅兼仕事場である世田谷区の

マンションに引っ越したそうです。

 

少女マンガとお菓子をこよなく愛する中年。

自宅の6畳間にはIKEAで購入した本棚14棹が所狭しと並び、

その8割が少女マンガで埋め尽くされている。

もっとも敬愛するマンガ家はくらもちふさこ先生。

出典:profile.hatena.ne.jp

女子漫画のきっかけは?

学生時代に好きだった子に近づくために「ガラスの仮面」を読んでハマッた、

しかしフラレタ思い出がある。

それがきっかけとなり女子漫画研究家となったわけだ。

本業の仕事と年収は?

以前は[SPUR]、[婦人画報]などで連載もされていたようですが、

現在は単発ばかりだそうです。

 

初めて原稿を書いたのは[FRaU]だそうで、今の小田さんがあるのは

[FRaU]のおかげなんだそうです。

スポンサーリンク

 

主な仕事先は「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)、

「サイゾーウーマン」(サイゾー)などなど。

 

初めて原稿を書かせていただいたのは「FRaU」(講談社)でした。

その後数年間に渡って女子マンガ特集を定期的に組んでいただき、大変にお世話になりました。

今の私があるのは「FRaU」のおかげです。

お仕事お待ちしております。

内容は女子漫画についての執筆がメインで、
原稿料で生計を立てている感じですね。

 

年収の情報はありませんが、
「お仕事お待ちしております」

とありますから連載が無く単発が主な仕事
のようですから、

 

毎月波があると思われます。

 

結婚されている?

at homeの潜入!プロフェッショナルの部屋という

 

企画でお家の間取りを紹介されており、
そこに

「奥さんの部屋」

があったので、結婚されていると思われます。

 

結婚の情報はこれくらいしかありませんし、
お子さんの部屋も無かったたので、

お子さんはいないでしょう。

 

リビングも広く仕事部屋もキチンと
整頓されていますね。

 

最後に

小田真琴さんは甘党のようで

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝ドラ『まんぷく』 安藤仁子

NHK朝の連続ドラマ小説『まんぷく』で「チキンラーメン」や「カップヌードル」を開発した、
日清食品の創業者・安藤百福(あんどう・ももふく)と妻・仁子(まさこ)の半生をモデルにした作品です。

大河ドラマ 西郷どん

大河ドラマ 西郷どん

忍者