真風涼帆の本名と年齢や母にファンクラブは?宙組20周年展!

1998年に最新の宙組を創設してからも、ちょうど20年。

現在の5組体制で、宝塚歌劇を東京、兵庫などで定期上演している。

 

宙組の初代トップ姿月(しづき)あさと
から、和央ようか、貴城けい、

大和悠河(やまと・ゆうが)、
大空祐飛(おおぞら・ゆうひ)、
凰稀(おうき)かなめ

に続き、今年11月には
朝夏(あさか)まなとからバトンを受けた

スポンサーリンク

宙組8代目の真風涼帆(まかぜ・すずほ)がトップに就いている。

 

兵庫・宝塚大劇場内にある「宝塚の殿堂」 同展は来年元日から4月23日まで。

そんな歴史の現トップスターの真風涼帆さんのプロフィールや年齢、母親、

ファンクラブなど調べて見ました。

 

画像:http://omix1967.com/makaze-suzuho/

真風涼帆(まかぜ・すずほ)さんプロフィール

本名:松谷論里華(まつや・ゆりか)

愛称:「ゆりか」「すずほ」

年齢:31歳(2017現在)

誕生日:1967年7月18日

出身地:熊本県菊池郡

出身校:県立大津高校

身長:175cm

血液型:B型

性格:明るい、真摯、気さく、大らか、穏やか

趣味:舞台・映画鑑賞、ショッピング、温泉巡り

母親:ダンス講師

兄弟:弟6歳下

 

2004年:宝塚音楽学校に入学

2006年:92期生として宝塚歌劇団に入団

宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」が初舞台公演

その後星組に配属されました。

スポンサーリンク

 

母親がダンス講師をしていたため、幼少の
頃からダンスを習っており、

また生まれて10ヶ月から2歳までベビースイミングに通っていた。

 

小学生の頃からはお決まりのピアノ、習字、そろばんもを習っております。

宝塚を意識したのは母親とのミュージカルを観劇、

母親に「宝塚と四季のどっちが好き」と質問されたので「宝塚」と

答えたら宝塚受験を勧められた。

 

高校1年生からバレエ、声楽を習い、冬休みに東京で

特別レッスンを受けましたが、

初受験に落ちております。

 

その後2004年に宝塚受験に合格しました。

宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」が初舞台公演になりました。

星組に配属されました。

2015年に宙組に組替えしました。

 

真風涼帆さんの母親は?

真風涼帆さんの母親は松谷栄子さん
主に宝塚音楽学校を受験する学生向けの

「すみれミュージックアカデミー」でジャズダンスの

先生をやってらっしゃいます。

 

ジャズダンス担当
フェアリ-・バレエ・ア-トスタジオ主宰

http://ht1713.sakura.ne.jp/newpage3.html

所 在 地:熊本県熊本市中央区九品寺1丁目 7-21

電話番号:096-375-3088

FAX:096-375-3087

真風涼帆さんファンクラブは?

観劇前に、会場入り口付近で
それぞれのジェンヌ名の札と箱を持ってる
一般の方が立っておられます。

 

その方達がファンクラブの方達で、
ファンクラブ入会希望の場合、その方達に話しかけると

入会の詳細を教えてくれます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。