かこさとし絵本作家の作品や本名に病気と生きる作家とは?

かこさとし(加古里子)さんは絵本作家、
児童文学者でもあり工学博士、
技術士(化学)でもあります。

 

年齢は91歳でまだ現役の絵本作家として
活躍しております。

 

そんなかこさとし(加古里子)さんの
経歴や作品と本名、病気など調べて見ました。

 

画像:http://www.ehonnavi.net/author.asp?n=40

かこ さとし(加古 里子)さんの経歴

本名:中島 哲(なかじま さとし)

職業:絵本作家、児童文学者

誕生日:1926年3月31日

出身地:福井県越前市に生まれ

8歳より東京都板橋区

出身高校:成蹊高等学校

出身大学:東京大学工学部応用化学科

博士号:工学博士

勤務歴:昭和電工株式会社(1973年退社)

スポンサーリンク

絵本作家、児童文学者のきっかけは?

パイロットをめざし陸軍士官学校を希望するも15歳の時視力の

低下で試験を受けられず断念しました。

目のいいやつは特攻機に乗ってみんな死んでしまって

僕も本当は死ぬべきなのに、死にはぐれみたいな

間違った判断をする自分は昭和20年で死んだんだと。

終戦後に東大工学部に入学し卒業後は
昭和電工に入社。

 

研究所勤務を続けるかたわら、川崎市などでセツルメント活動や、

児童向け人形劇、紙芝居などの活動を行う。

※セツルメント
貧しい人が多く住む区域に定住し、住民と親しく触れ合って

その生活の向上に努める社会運動。

 

最初に手がけた絵本は『だむのおじさんたち』

1973年に47歳で昭和電工を退社した後はフリーで活躍する。

日本化学会にも所属。

2017年、巌谷小波文芸賞を受賞。

かこ さとし(加古 里子)さん作品

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん) [ 加古里子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/1/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

どろぼうがっこう2版 (かこさとしおはなしのほん) [ 加古里子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/1/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おたまじゃくしの101ちゃん (かこさとしおはなしのほん) [ 加古里子 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/1/5時点)

スポンサーリンク

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コウノトリのコウちゃん [ かこさとし ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/1/5時点)

かこ さとし(加古 里子)さんの病気は?

かこさとしさんは、緑内障という病気で、
15歳の時からだそうです。

 

緑内障は目から見た情報を脳で画像として組み立てられて、

私たちは見えたものを認識する。

 

緑内障では、その情報の橋渡しをしている視神経に異常が起こり、

眼からの情報を正確に伝えられず、脳で画像をうまく組み立てることが

できなくなる。

 

視力や視野に障害を起こす、昔は「あおそこひ」と呼ばれ、

失明に至ることもある病気として恐れられていた病気です。

 

手術や点眼薬で治療はできますが、
緑内障は生涯にわたる管理が必要となります。

最後に

かこさとしさんは現在治療をしながら
絵本の制作してますが、

仕事の依頼はあるそうで目に負担を
かけない程度で続けれもらいたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。