青柳貴史は製硯師で経歴やオーダーメイドの硯の値段やお店はどこ?

石の硯で墨を擦る事例の感触、音、香り、
その一通りが日本の毛筆文化の元。

 

実を言えば目下、多くの小学校で使用されている硯は石ではなく、
セラミックやプラスチックで作られている。

 

誰もが小学生の時に経験した「書道」の時間だったが。

スポンサーリンク

そこにささやかな異変が起きているのをご存知だろうか。

加えて、墨を使わず水で習字が可能な道具まで登場する。

 

いずれも軽くて安価で使いやすくてだが、
製硯師(せいけんし)の青柳貴史氏はこの流れに警鐘を鳴らす。

 

製硯師とは?

「製硯師」とは、オーダーメイドの硯製作から修理・復元までを一手に担う、

「硯の何でも屋さん」のこと。

昭和14年創業の書道用具専門店「宝研堂」の4代目である青柳氏。

 

青柳氏の硯は美しい彫りや磨きで世界中に
ファンを持つそうです。

 

明治時代の職人技術の研究は勿論、夏目漱石が書いた手紙に登場する

硯の描写までも深く読み解こうとする。

 

そんな青柳貴史氏のプロフィールや硯の
値段、お店宝研堂の場所など調べて見ました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

画像:http://ove-event.seesaa.net/article/131682569.html

青柳貴史(あおやぎ たかし)氏プロフィール

職業:製硯師(せいけんし)

会社:宝研堂4代目

誕生日:1979年2月8日

年齢:38歳(2018年1月現在)

出身地:東京都台東区浅草

趣味:プラモデル塗装

 

高校・大学は行っておりますが学校名は
未公開のようです。

 

高校時代は剣道部の選手で大学では
中国語を専攻しています。

 

大学は中退されて家業を継いでおりますが、
理由は大学3年の時に教わっていた
祖父が亡くなり情熱が伝わり中退した。

 

高校の16歳の頃より祖父、父に作硯を師事。

スポンサーリンク

日本、中国、各地の石材を用いた硯の製作、修理、復元を行う。

 

学校などを対象に硯文化に関する講演や、
デパートの催事場などで硯の実演彫りも行っている。

大東文化大学文学部の書道学科非常勤講師。

 

青柳貴史氏のお店はどこ?

株式会社 宝研堂

http://houkendo.co.jp/

住所:東京都台東区寿4-1-11

電話:03-3844-2976 / FAX:03-3844-1387

定休日:第2、4、5日曜 祝日

営業時間:9:00~18:00(月曜~土曜)

/ 10:00~17:00(第1、3日曜)

アクセス:都営浅草線浅草駅から徒歩5分

東京メトロ銀座線田原町駅、

都営大江戸線蔵前駅からも徒歩5分

硯の値段は?

初心者用からベテラン向けまで商品の価格は幅が広いです。

店内には筆だけでも300~400種類あり、特に硯に関しては高級品から普及品まで、常時200面程展示されております。

 

児童向けのものから取り扱っているので安いものですと

1000円程度からあります。

 

店内で取り扱っているもの物は普及品や手作りの一品

、古硯とよばれている大昔の硯まであります。

 

古硯に関しては10万円~数千万の高いもの
もあります。

 

オーダーとなると価格にあった素材から
選ぶことになるでしょう。

最後に

硯も石ではなく、セラミックやプラスチック
になっているのはビックリしました。

長く使う人が少なくなっている現在では
小学校の授業の時だけですから、

安い物が出てきているのでしょうね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。