千住真理子バイオリニストの経歴や両親に兄弟は?バツ2の理由は?

千住真理子(せんじゅまりこ)さんは
天才バイオリニストで知られております。

 

ビックリしたのが世界で4人しか持っていない
「バイオリン、ストラディヴァリウス」の
持ち主のひとりで、

 

なんと数億円もする

1715年製のストラディバリウスで、
推定6億円だそうです。

スポンサーリンク

これは価値があるとしたら競売では
金額は上がります。

 

これまでの最高金額は1721年製
レディー・ブラント。

競売にかけられ、なんと12億円で落札
されました。

 

触るのも怖いくらいで千住真理子さんは
それで演奏しているのですから。

 

そんな千住真理子さんの経歴や大学、両親、
兄弟、離婚など調べて見ました。

 

画像:http://www.asahi.com/edu/center-exam/TKY2012011207…

千住真理子(せんじゅまりこ)さん経歴

職業:バイオリニスト

誕生日:1962年4月3日

年齢:55歳(2018年2月現在)

出身地:東京都杉並区

出身大学:慶應義塾大学文学部哲学科卒業

所属事務所:ジャパン・アーツ所属

レコードレーベルは、EMIミュージック・
ジャパン(現ユニバーサルミュージック)

 

2歳3ヶ月からバイオリンを習う。

1975年12歳でN響と共演しプロデビューしてます。

1977年15歳の時日本音楽コンクールに最年少で優勝し、レウカディア賞受賞。

1979年にパガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。

1985年に慶応義塾大学卒。

音楽大学ではなく慶應義塾大学文学部哲学科に進んだのは「天才少女」と呼ばれてきた事を負担に思い20歳の時にバイオリンから離れ楽器に全く触れることもなかった。

1987年にロンドン、

1988年にローマ、

1989年にNYでデビュー。

1993年文化庁「芸術作品賞」、

1994年村松賞、

1995年モービル音楽賞奨励賞受賞。

千住真理子さんの父親・母親は?

父親は千住鎮雄(せんじゅ しずお)氏で
慶應義塾大学名誉教授、工学博士です。

2000年9月2日死去

 

母親の千住文子(せんじゅふみこ)さん

エッセイスト、教育評論家。

明治製菓株式会社研究所薬品研究室研究員として抗生物質開発の研究に携わる。

退職後に千住鎮雄氏と結婚。

2013年6月死去。

著書に『千住家の教育白書』
『千住家にストラディヴァリウスが来た日』

『千住家の命の物語』などがあります。

 

千住真理子さんの兄弟は?

千住真理子さんの兄弟は3人で

長兄が千住 博さんで日本画家

次兄は千住 明さんで作曲家

をされております、音楽にたずさわっている
のは次兄の千住 明さんとなります。

 

千住真理子さんはバツ2の理由は?

千住真理子さんは現在は、独身ですが母親の勧めで医師などと

結婚したものの2度の離婚経験があり、

いずれもスピード離婚で結婚生活は、上手くいかなかったようです。

 

格差婚と強い母親依存が通常の結婚生活の障害となってしまったそうです。

 

最初の結婚はバイオリンを弾くのをやめた
大学の時に、

母が結婚話を持ち込んできた相手は4つ年上の医師だったそうです。

 

挙式の前日に相手のもう一つの顔を知ることになる。

式はしたけれども、現実的生活も付き合いもまったくなかった。

もう一生立ち上がれないほどの現場を
見てしまったので離婚を決意たが、

直後にNHKからキャスターの話が舞い込んできたので

「1年間は離婚は我慢して」と

言われて、そして1年後に離婚をした。

 

夫婦生活はしていないそうです。

 

2回目は30歳での再婚もこれまた、
母が持ち込んできた話であった。

今度は誠実な相手だったのですが

「この人の希望するような穏やかな結婚生活を私はできそうもない」

と2度目の離婚になってしまった、
お子さんは居ない様で現在は独身
でいるようです。

最後に

演奏会場へ自分で運転していくそうです。

200㌔圏内までなら車で行く。

車内が一番落ち着く。

疲れないかと問われるが、使う神経が別だからか、かえって疲労が消えていく。

猛暑の日も豪雨の中も、早朝であろうが深夜であろうが変わらず健気に私を待ち守ってくれる車だそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コメントは利用できません。